中原区版 エリアトップへ

2019年7月の記事一覧

  • 不動産を無料で査定

    不動産3社×タウンニュース中原区版 お盆特別企画

    不動産を無料で査定

    応募締切は8月31日まで

     「子どもは独立したし老後は小さくても快適な家で暮らしたい」「相続対策で自宅をどうしよう」など、家族が集うお盆に話し合っておきたいもの。将来に備えて自宅の価値や...(続きを読む)

    7月26日号

  • 拉致問題の解決は川崎市民の願い

    ―横田めぐみさんをはじめとする― 市政報告

    拉致問題の解決は川崎市民の願い

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     昭和52年11月15日、当時中学一年生だった一人の少女が学校からの帰宅途中に忽然と姿を消してしまいました。その日の朝、家族と一緒に食事をしたのが家族との最後の...(続きを読む)

    7月26日号

  • 聖火リレー中原区で出発式決定!

    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 県政報告Vol.12

    聖火リレー中原区で出発式決定!

    神奈川県議会議員 川本 学

     この春の統一地方選挙改選前、私は東京2020大会を所管する県議会国際文化観光・スポーツ常任委員会に所属し、我が国においても活気ある街となった中原区のポテンシャ...(続きを読む)

    7月26日号

  • JR南武線武蔵小杉駅へのホームドア設置がついに決定!!

    市政レポートNo.115

    JR南武線武蔵小杉駅へのホームドア設置がついに決定!!

    みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

     昨年7月に掲載した市政レポートNo.102などでも報告しましたが、当時、区内選出の市議会議員を代表する“世話人役”として区の当年度予算に対する要望書をとりまと...(続きを読む)

    7月26日号

  • 出版への第一歩を

    出版への第一歩を

    8月7日 リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉で「執筆と出版の説明会」

     「自分の本を作りたいけれど、どうしたらよいかわからない」という声に応えて、文芸社が、平塚で「執筆と出版の説明会」を開催する。 同社はこ...(続きを読む)

    7月26日号

  • 中原区でも島村氏トップ

    参院選

    中原区でも島村氏トップ 政治

    現職4氏が議席守る

     参議院議員選挙の投開票が7月21日に行われた。4議席を14人が争った神奈川選挙区は、自民党の島村大氏(58)が約91万7千票を獲得し、トップ当選。以下、立憲民...(続きを読む)

    7月26日号

  • 大丈夫?老後の備えと相続税対策

    大丈夫?老後の備えと相続税対策

    8月8日、地元密着の税理士が「無料セミナー」

     相続税対策の必要性を感じながらも、仕組みを充分に理解していない人も多いのでは?知っているか否かで、納める税金は大きく変わるもの。特に、相続税を減額するのに最も...(続きを読む)

    7月26日号

  • 稲村亜美さんも来場

    川崎競馬を遊びつくせ 8月2日〜6日

    稲村亜美さんも来場

    夏休みファミリーフェス

     川崎競馬場では「夏休みファミリーフェス第2弾」を8月2日(金)から6日(火)に実施する。  2日(金)はスペシャルコラボ企画とし...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「不登校」考える場に

    「不登校」考える場に 教育

    8月4日、神戸大名誉教授が講演

     不登校の児童生徒の親を支援する「不登校を考える親の会川崎の会(竹内春雄代表)」は、8月4日(日)に専門家を招き講演会を開催する。午後1時から、かわさき市民活動...(続きを読む)

    7月26日号

  • 夏の交通事故防止を

    夏の交通事故防止を 社会

    ボランティアを激励

     夏の交通事故防止運動に伴う出陣式が7月11日、中原警察署で行われた。中原交通安全対策推進協議会、中原交通安全協会、中原安全運転管理者会などの関係団体が参加。則...(続きを読む)

    7月26日号

  • 地域防災力の強化を

    地域防災力の強化を 社会

    中原区長 永山実幸

     令和を迎え、これまでの平成の時代を振り返りますと、阪神淡路、東日本という二つの大震災がありました。改めて平成の災害の記憶を心に刻み、地域防災力の強化を一層進め...(続きを読む)

    7月26日号

  • 円滑なPTA活動に向けて

    円滑なPTA活動に向けて 教育

    中原区PTA協議会会長 吉野弘樹

     ここ数年の会員数の増加やライフスタイルの多様化に対応すべく、PTA活動の円滑な実施に向けての取り組みを継続的に行っています。 個人情報...(続きを読む)

    7月26日号

  • 地域とともに

    地域とともに 社会

    中原消防署長 石井博道

     私たち消防は、火災を予防し、人の命と財産を火災から守り、また、地震等の自然災害による被害を軽減することを目標に、火災を少なくし災害の現場で奮戦するため日々活動...(続きを読む)

    7月26日号

  • 市は保育の量と質を高める整備を

    市政報告

    市は保育の量と質を高める整備を

    日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

     小杉周辺に超高層マンションの建設が始まった10数年前、新人議員だった私は、区役所で市の担当者から再開発事業について説明を受けたことを覚えています。「保育所の整...(続きを読む)

    7月26日号

  • 浴衣を着て夏祭りへ

    浴衣を着て夏祭りへ 文化

    着付け大講習会

     第1回ゆかたの大講習会が8月2日(金)、市国際交流センターで開催される。主催は東京衣裳きもの学院(高島厚子学院長)。午前10時からと午後1時から。参加費は10...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「これ以上、超高層マンション建設やめて!」

    県政報告

    「これ以上、超高層マンション建設やめて!」

    日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

     中原区の人口は、この10年間で3万3千人増。そのうち「小杉5町丁」で1万3100人の増加です。この急激で過度な人口集中は、様々な面で生活を歪めています。保育予...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「寺子屋先生」で支援を

    国際交流センター

    「寺子屋先生」で支援を 教育

    学習支援ボランティアの講座

     市が取り組む地域の寺子屋事業の一環として、外国につながる子どもたちに学習支援を行うボランティアを育成する「寺子屋先生養成講座」が、8月2日(金)から31日(土...(続きを読む)

    7月26日号

  • 住み続けられるまちづくりを

    市政報告

    住み続けられるまちづくりを

    日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

     市内で最も多くの方が暮らす中原区。今後も人口増加が見込まれる中で課題として挙げられるのが、「住み続けられるまちづくり」です。 18年度...(続きを読む)

    7月26日号

  • 修行体験してみよう

    法田寺

    修行体験してみよう 教育

     法田寺(中原区上平間244/岸顕崇住職)では今年も恒例の「夏休み寺子屋塾」を8月18日(日)、19日(月)に開催する。今回は「未来の日本と私」をテーマに、ポイ...(続きを読む)

    7月26日号

  • 強くて優しい中原警察署

    強くて優しい中原警察署 社会

    中原警察署長 則次誠二郎

     「鬼手仏心」という言葉があります。 悪には強く、困った人、助けを求めている人には優しくという意味であると私は受け止めており、正に警察の...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「地ケア」のシステム構築と「福祉コミュニティ」づくり

    「地ケア」のシステム構築と「福祉コミュニティ」づくり 文化

    中原区社会福祉協議会会長 青木英光

     地域共生社会の実現に見合う川崎市の「地域包括ケアシステム」は、令和七年まで「システムを構築」し「具体的に行動する」第二段階に入っています。中原区社協としては、...(続きを読む)

    7月26日号

  • 地域住民が活躍する街「なかはら」

    地域住民が活躍する街「なかはら」 社会

    中原区町内会連絡協議会会長 原富雄

     中原区では武蔵小杉駅周辺の再開発をはじめ、区内各地において、人口流入が進み、今後も人口増加が見込まれています。 街が大きく変貌していく...(続きを読む)

    7月26日号

  • 愛され期待される商店街へ

    愛され期待される商店街へ 社会

    中原区商店街連合会会長 柳沢正高

     国内景気は個人消費が緩やかな回復傾向にあるようですが、10月の消費増税、海外リスクなどにより不透明感が増しています。商店街にとっては後継者不足、大型店との競合...(続きを読む)

    7月26日号

  • 渡邉 直美さん

    6月に(公財)川崎市生涯学習財団の理事長に就任した

    渡邉 直美さん

    今井南町在勤 63歳

    学ぶ楽しさ、伝えたい ○…年間7千人の受講生が学ぶ講座などを開くかわさき市民アカデミーなど各団体が活用する生涯学習プラザを...(続きを読む)

    7月26日号

  • 「住み続けたい街」を目指した街づくり

    「住み続けたい街」を目指した街づくり 社会

    NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント理事長 安藤均

     当法人は川崎市まちづくり局の主導で、地元の商店街や町会の皆様が協力し平成19年に設立しました。エリマネ改革を通じ、マンション管理組合を単位とした加入形態から、...(続きを読む)

    7月26日号

  • 夏祭りで「ふるさとづくり」を

    玉川地区

    夏祭りで「ふるさとづくり」を 文化

    赤字覚悟、子どもたちのために

     「玉川地区の子どもたちに“ふるさと” と呼べる場所を――」。下沼部青年会や下沼部小学校PTA、子ども会などのメンバーによる実行委員会が8月1日(木)、「玉川夏...(続きを読む)

    7月26日号

  • 事後対応 局単位で検証

    登戸事件

    事後対応 局単位で検証 社会

    市、課題集約し対策反映へ

     多摩区登戸新町で児童らが殺傷された事件を受け、川崎市は多摩区と関係部局による臨時の対策会議を7月9日に開いた。局ごとに事後対応を振り返り、検証結果や課題につい...(続きを読む)

    7月26日号

  • 特殊なエリア中原区での防災意識

    市政レポートVol.1

    特殊なエリア中原区での防災意識

    川崎市議会議員 吉沢 直美

     6月10日から第3回定例会が開催され、市議会議員として初の本会議に臨みました。今回は自身の一般質問の内、一つをご報告させて頂きます。...(続きを読む)

    7月19日号

  • 大人からも選ばれる学校へ

    市政報告Vol.2

    大人からも選ばれる学校へ

    川崎市議会議員 重冨たつや

     子どもが多くの時間を過ごす学校。多様な先生との関わりは価値観の形成などを通して子どもたちの人生に少なからぬ影響を与えます。マチが道路や施設によってつ...(続きを読む)

    7月19日号

  • 3選手が全国へ

    中原ルーキーズ

    3選手が全国へ スポーツ

    女子学童野球県選抜に選出

     神奈川県女子学童選抜野球チーム「YAMAYURI」のメンバーに、中原区から3人の選手が選ばれた。その中尾佳来さん(今井小6年)、久木留結さん(同)、...(続きを読む)

    7月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク