中原区版 エリアトップへ

2021年4月の記事一覧

  • 2年ぶり、春の開放へ

    2年ぶり、春の開放へ 文化

    生田緑地ばら苑 GW明け

     生田緑地ばら苑(多摩区長尾)の「春の一般開放」が5月6日(木)から行われる。春の開放はコロナ禍で昨年中止のため2年ぶり。5月23日(日)までの18日間、多様な...(続きを読む)

    4月30日号

  • 購入申込受付5月24日まで

    プレミアム率20%「川崎じもと応援券 第2弾」

    購入申込受付5月24日まで

     川崎市が新型コロナウイルスの影響で売上が大幅に減少している市内の飲食店や生活関連サービスなどでの消費を促す目的で発行するプレミアム付き商品券「川崎じもと応援券...(続きを読む)

    4月30日号

  • 「こども主役」の4日間

    「こども主役」の4日間 文化

    日本民家園 日替わり企画

     生田緑地にある川崎市立日本民家園(多摩区)で、5月2日(日)から5日(水・祝)まで「こどもまつり」が開催される。「こどもが主役!」と題し、家族で一緒に楽しめる...(続きを読む)

    4月30日号

  • コロナ禍、支援活動を実施

    国際ロータリー第2590地区

    コロナ禍、支援活動を実施

    医師会、こども食堂に寄付

     横浜・川崎市内全55のクラブで構成される国際ロータリー第2590地区(吉田隆男ガバナー)はこのほど、両市の医師会に各100万円、両市49カ所のこども食堂に各1...(続きを読む)

    4月30日号

  • GO!GO!!フロンターレ

    GO!GO!!フロンターレ

    フロンターレ牧場リベンジ開催  サッカーJ1・川崎フロンターレは5月4日(火・祝)、ホームの等々力陸上競技...(続きを読む)

    4月30日号

  • 町内会・自治会への補助金支援について

    市政報告

    町内会・自治会への補助金支援について

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     新型コロナウイルス感染症を要因とした影響は、自粛要請やテレワーク、オンライン会議、マスク着用、手洗い・うがいの励行等、私達の社会生活を一変させてしまいました。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 【保存版】コロナワクチン接種予約等の最新情報について

    市政レポートNo.132

    【保存版】コロナワクチン接種予約等の最新情報について

    みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

     ワクチンの接種方法には、集団・個別・巡回があり、一般的な集団接種・個別接種において予約が必要です。4月20日に75歳以上の方、4月28日に65から74歳の方に...(続きを読む)

    4月30日号

  • 飲食店で「哲学カフェ」

    中原区有志6人

    飲食店で「哲学カフェ」 社会

    対話重ね、まち活性化へ

     中原区在住の4人がこのほど、気軽な意見交換の場として注目されている「哲学カフェ」を始めた。区内各地の飲食店を会場に、参加者らの関心に沿ったテーマを設定。参加者...(続きを読む)

    4月30日号

  • 4支所に再編統合

    川崎商議所

    4支所に再編統合 経済

    「中原支所」は変更なし

     川崎商工会議所(草壁悟朗会頭)は、これまで市内各区に設置していた支所を再編統合し、4支所体制で4月からの業務を開始した。会員企業などに対し、効率的に経営指導で...(続きを読む)

    4月30日号

  • インフル わずか7人

    インフル わずか7人 社会

    コロナ予防が影響か

     例年、11月から3月中旬ごろに流行するインフルエンザの今季の患者報告数が、川崎市内ではわずか7人で中原区では1人だったことが分かった。市健康福祉局健康安全研究...(続きを読む)

    4月30日号

  • 立野 公彦さん

    川崎商工会議所中原支所長に、4月1日付で就任した

    立野 公彦さん

    横浜市在住 56歳

    企業を支える意志貫き ○…中原支所での勤務は20年ぶりで、街の変化に驚く。「ちょうど東急武蔵小杉駅に目黒線が乗り入れた頃。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 自宅でキャンプ気分を

    自宅でキャンプ気分を 文化

    アウトドアの達人に聞く

     川崎市内で、キャンプなどのアウトドアや里山体験ができる「川崎市黒川青少年野外活動センター」(麻生区黒川313の9)。市の委託を受けてNPO法人国際自然大学校が...(続きを読む)

    4月30日号

  • 子育て支援に新設メニューが登場

    市政レポートVol.18

    子育て支援に新設メニューが登場

    川崎市議会議員 吉沢 直美

     令和3年第1回定例会の予算審査特別委員会で、私は子育て支援に関する質問をいたしました。その中で新しく新設された支援についてご報告致します。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 陽性者発生後は一斉検査を

    市政報告

    陽性者発生後は一斉検査を

    日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

     昨年11月から2月にかけて感染が拡大した新型コロナウイルス第3波。ある市立中学校では12月9日から21日までの間に学校関係者22名の陽性者が発生。休...(続きを読む)

    4月30日号

  • 一刻も早く、小児医療費助成制度の拡充を

    市政報告

    一刻も早く、小児医療費助成制度の拡充を

    日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

     小児医療費助成制度は、全国的には中学卒業までを対象年齢とする市町村が8割を超え、高校卒業までを対象年齢とする自治体も200を超えました。ところが川崎市は政令市...(続きを読む)

    4月30日号

  • 教育のICT活用は限定的に

    県政報告

    教育のICT活用は限定的に

    日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

     全国の小中学校で、1人1台端末の整備が進められています。政府は基盤整備にとどまらず、「GIGAスクール構想」と銘うって教育産業等が作成するソフトなどによる授業...(続きを読む)

    4月30日号

  • 保護者と先生が共に学ぶ

    保護者と先生が共に学ぶ 社会

    中原区PTA協議会会長 吉野弘樹

     子どもたちは日々学び成長しています。そばにいる大人も、刻々と変化する社会の中で日々アップデートしていくことが求められています。特に子どもたちの多くが持つ携帯電...(続きを読む)

    4月30日号

  • 「読書のまち・かわさき」20年

    「読書のまち・かわさき」20年 教育

    中原図書館長 小島久和

     子どもの「本離れ」はどこでも深刻な課題です。川崎市において「読書のまち・かわさき」事業が始まってから今年で丸20年が経過しました。この間、学校における「朝読書...(続きを読む)

    4月30日号

  • 地域を超えたつながりを

    地域を超えたつながりを 教育

    中原区子ども会連合会会長 小笠原茂春

     中原区子ども会は、幼児、小中高生、指導役員含め約6千人が登録し活動しています。子どもたちにとっては地域や学校を超えたつながりを作る機会ともなっており、活動を通...(続きを読む)

    4月30日号

  • 保育と子育ての新たな拠点に

    保育と子育ての新たな拠点に 教育

    中原区保育・子育て総合支援センター所長 平山宏子

     中原区保育・子育て総合支援センターは、就学前の子育て家庭の支援や保育関係施設間の連携・人材育成などを目的に、本市で2カ所目のセンターとして、今年3月に開設いた...(続きを読む)

    4月30日号

  • キャラが市の魅力発信

    キャラが市の魅力発信 教育

    ユーチューブで動画公開

     川崎市のキャラクターが市の施策を分かりやすく紹介する映像が、動画配信サイト・ユーチューブの市公式チャンネルで公開されている。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 「若者会議」が始動

    「若者会議」が始動 社会

    U25のコミュニティー発足

     市内7区で地域活動に取り組む25歳以下のコミュニティー「かわさき若者会議」が発足し、初会合が4月18日に大蓮寺(高津区)で開かれた。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 幼馴染の絆で息ぴったり

    エアロビック

    幼馴染の絆で息ぴったり スポーツ

    川田結生奈さん、上原穂美さん、平田理音菜さん

     ダイナミックに体を動かしながら指先までぴったりと息を合わせて踊る3人は、川田結生奈さん(西中原中1年/写真左)、上原穂美さん(橘中1年/写真中央)、平田理音菜...(続きを読む)

    4月30日号

  • 「相棒」と世界へ駆けろ

    BMX

    「相棒」と世界へ駆けろ スポーツ

    西丸子小6年 塚田健人くん

     自転車に乗った状態でジャンプ台から飛び上がり、回転などの技を競う「BMXフリースタイル・パーク」。2020年東京五輪では正式種目になった。西丸子小学校に通う塚...(続きを読む)

    4月30日号

  • “わくわく”をゲームで表現

    プログラミング

    “わくわく”をゲームで表現 教育

    中原小4年 安達璃音くん

     コンピューターの動きの指令を作る「プログラミング」。昨年から小学校でも必修化された、今注目のスキルだ。安達璃音君(9)は小3だった昨年の3月、ジュニア・プログ...(続きを読む)

    4月30日号

  • 伝統の味、守り抜く

    伝統の味、守り抜く 文化

    創業150余年、福来醤油

     川崎市内に残る唯一の醤油醸造所・福来醤油(井田)。5代目の三田喜久雄さん(89)が弟の光太朗さん(79)とともに創業150余年の歴史を守っている。...(続きを読む)

    4月30日号

  • グッズ制作で地域連携

    川崎競馬

    グッズ制作で地域連携 スポーツ

    年8回プレゼント

     川崎競馬は地元企業や神奈川県内の障害福祉サービス事業所と連携して競馬場オリジナルグッズを制作し、ファンにプレゼントする取り組みを4月から始めた。...(続きを読む)

    4月30日号

  • 今年も映像配信を実施

    【Web限定】サマーミューザ

    今年も映像配信を実施 文化

    7月22日から20公演

     ミューザ川崎シンフォニーホール(幸区)はこのほど、恒例の夏の音楽祭「フェスタサマーミューザKAWASAKI2021」(主催:川崎市・同ホール)のラインアップを...(続きを読む)

    4月30日号

  • 白球追いかけ

    野球

    白球追いかけ"心ひとつ"に スポーツ

    城南鵬翔クラブ女子部

     区選抜の女子学童野球チーム「中原ルーキーズ」出身の中学生5人が、大田区で活動する「城南鵬翔クラブ」で成長を見せている。2019年に江戸川区球場などで...(続きを読む)

    4月30日号

  • 福田市長を訪問

    青年会議所神奈川ブロック

    福田市長を訪問 政治

    県知事提言へ意見交換

     日本青年会議所(JC)の神奈川ブロック協議会(坂倉賢会長)が4月15日、福田紀彦川崎市長を訪問し、意見を交わした=写真。 この取り組み...(続きを読む)

    4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter