緑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

多世代交流カフェが完成 関係者らが記念セレモニー

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
テープカットとくす玉割のようす
テープカットとくす玉割のようす

 区内中山町に完成した新たな居場所の一角に、多世代交流カフェ「レモンの庭」がオープン。11日には記念のセレモニーが行われ、レモンの木の植樹などが関係者らによって行われた。

 中山町には、古民家を利用し多目的スペースとして開放している「なごみ邸」を中心に「753(ナナゴーサン)プロジェクト」によって空き物件を活用した様々な居場所づくりが展開されてきた。今回新たにオープンした「和丘(ナゴミヒルズ)」(中山町21の23)には、一般戸建て2棟のほか、屋外共用スペース「なごみテラス」を挟み、多世代交流カフェ「レモンの庭」を展開する。

 「レモンの庭」は、横浜市介護予防・生活支援サービス補助事業として「一般社団法人フラットガーデン」が運営する。火・日曜以外の午前10時〜午後3時に開催。水・土曜午前10時〜午後1時には65歳以上の高齢者を対象に介護予防プログラムを実施する。参加費500円(茶菓子付、但し要支援者は300円)。介護予防プログラムは「体操やヨガ、畑で農作業」「音楽やアートを楽しむ」「料理を作って食べる」「昔遊びやカードゲームを子どもと一緒にする」などを予定している。

 11日には記念のセレモニーを実施。関係者らによってテープカットとくす玉割が行われた。その後は、シンボルツリーとなるレモンの木の植樹や芝生を植えるなどのイベントを実施した。

 フラッドガーデン代表を務める松岡美子さんは「”誰もがその人らしく暮らせるコミュニティ”、ここがそんな居場所になればと思う」と話した。

 また、なごみ邸オーナーの齋藤好貴さんは「ここに関わる人たちがより楽しく、安全で安心かつ快適な場所になればと思う」と期待を寄せた。
 

植樹をする松岡代表
植樹をする松岡代表

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り コミュニティ社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook