神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2020年1月16日 エリアトップへ

横浜市 「指定ごみ袋制」検討へ 環境への配慮も背景に

社会

公開:2020年1月16日

  • LINE
  • hatena
現在の集積場所のようす
現在の集積場所のようす

 家庭から排出されるごみについて、横浜市が指定ごみ袋制度の検討を開始する。分別の効率化や植物由来素材などを使った環境負荷の少ない指定袋を導入することによる温暖化対策がねらいだ。

 市では現在、ごみを出す場合、中身がはっきりと確認できる透明か半透明の袋に入れてごみを排出するルールで、スーパーマーケットなどのレジ袋でも排出することが可能だ。

 ただ、7月から全国の小売店でレジ袋の有料化が義務づけられるほか、昨今、海洋プラスチック問題が大きく報じられるなど、環境問題に対する社会機運も高まっている現状もある。また、市内の外国人人口が増え分別ルールの多言語表記が求められるといった社会的な背景もあり、資源循環局政策調整部は「指定ごみ袋について検討を進めるにはいいタイミング」と話す。

 林文子市長は市議会12月定例会の中で「指定袋の導入は効率的な分別を促すことに加え、バイオマスプラスチックの使用により、温暖化対策にも有効」と答弁した。

時間かけ判断

 同部によると、今後は制度導入によるメリットや課題点の把握に努めるほか、植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材など、環境負荷の少ない商品に関する調査も進める方針で、「市民サービス向上という観点から前向きに検討を進めるが、導入の是非も含めしっかりと見極めたい」としている。

 また、指定袋制度を導入する場合は「市民の理解と相当な周知期間が必要。メーカーや販売店との調整も必要となる」とし、性急な制度導入には否定的な姿勢を示している。

有料化導入は

 指定袋制度は全国20の政令市中13市で導入している。このうち札幌市や京都市など9つの市が袋の代金にごみの回収・処理費用を上乗せした有料化制度を導入しているが、同部は「市民負担とならないことを前提としつつ、有料化の可能性についても調査・研究を進めていく」とした。

開業23年 十日市場町の歯医者 みどり歯科医院

安心の保険診療が中心です。車椅子のまま乗降可能な専用車での無料送迎にも対応しています。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

期間限定でこども食堂

中山とり一

期間限定でこども食堂

うどんなど3品が100円

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

AED初購入で講習会

緑新栄会

AED初購入で講習会

「街守る使命感、強くなった」

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

闇バイト 加担しないで

緑警察署

闇バイト 加担しないで

中学生防止リーダー養成

2月8日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook