神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2021年3月18日 エリアトップへ

東鴨居中PTA 卒業生にサプライズ企画 夢と希望乗せ風船大空へ

教育

公開:2021年3月18日

  • LINE
  • hatena
空へと飛び立つ風船を見上げる卒業生
空へと飛び立つ風船を見上げる卒業生

 横浜市立東鴨居中学校(和気昭彦校長)の卒業式が11日に行われ、同校PTAによるサプライズ企画「思い出・バルーンリリース」が実施された。卒業生の一人は「びっくりしたけどすごい感動した。思い出に残ると思う」と話した。

 思い出・バルーンリリースは、修学旅行、合唱コンクール、文化祭の中止、体育祭の規模縮小など新型コロナウイルスの影響で学校生活の制限を受けた卒業生に対して「思い出の一つにして欲しい」と、同校PTA(小原修会長)の発案で企画された。

128人の思い乗せて

 同校PTAらは卒業式当日、卒業生に気づかれないように校内の一室で風船を膨らませる作業など準備を進めた。3年生の同校での学年カラーである青色の風船を生徒数分128個用意。卒業生の「夢と希望、未来への可能性」という思いを込め、教職員39人の「愛情」を表現した白やピンク、赤のハート型風船も用意された。

 卒業式が終わった後、下校のため教室から出てきた卒業生たちはクラスごとなどで記念写真を撮影していた。卒業生が揃ったことを確認した同PTA小原会長はマイクを持ち「卒業生の皆さん、保護者の皆さん本日はご卒業おめでとうございます」とあいさつし、「PTAから卒業生、保護者、先生が一緒に楽しめて思い出に残るプレゼントを用意しました」と企画を発表した。その後卒業生の前にネットに包まれた風船が登場。10、9、8…とカウントダウンが始まり、「ゼロ」の掛け声と同時に保護者は、事前に配布されていたクラッカーを鳴らし、風船は夢と希望を乗せて大空へと舞い上がった。卒業生たちは、徐々に小さくなっていく風船を目で追っていた。

 卒業生の門馬七海さんは「びっくりしたけど感動した。将来は保育士になりたい」と夢を語った。また、保護者の石黒洋子さんは「心に残る企画を考えて頂いて嬉しい。これから先辛いことがあっても今日のことを思い出してくれるといいな」と話した。

 また、小原会長は「PTAの立場で、思い出に残ればという思いで企画した。子どもたちには今後の夢や可能性に向かって大きく羽ばたいてほしい」と語った。

3年前の卒業生6人も

 同企画には、計画の話を聞きつけた3年前の同校卒業生6人も「バルーン飛ばし隊」として参加した。参加者の一人は風船を飛ばす時のBGMとして選曲したカイト(嵐)について「『風が吹けば』や『君の夢よ叶えと願う』などの歌詞が旅立ちにぴったりだと思った」と話した。
 

涙ながらに笑顔を見せる卒業生
涙ながらに笑顔を見せる卒業生

緑区版のトップニュース最新6

サテライト施設 長津田に

緑区地域子育て支援拠点

サテライト施設 長津田に

28日開所、利便性向上へ

6月20日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月20日

憩いの居場所づくり実践

タニーサロン

憩いの居場所づくり実践

高齢者の引きこもり防ぐ

6月13日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月13日

初のサロンで交流深まる

フォレストヒルズ三保自治会

初のサロンで交流深まる

趣味、健康の話題に花

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook