緑区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

市内在住村田悠磨さん カートレース日本一に 親子で掴んだ”最速最強”

スポーツ

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
優勝に笑顔を見せる(左から)竜一さんと悠磨さん、所属チームの中島高広代表
優勝に笑顔を見せる(左から)竜一さんと悠磨さん、所属チームの中島高広代表

 全日本カート選手権FP3部門東西統一競技大会(11月21日/栃木県)で、市内在住の村田悠磨さん(15)が優勝し、シリーズ年間全6戦でも日本一に輝いた。「安堵と嬉しさでいっぱい。目標はF1」と村田さん。世界を目指す若者の挑戦は続く。

 国内カートレースの最上位に位置する同選手権。東西各地域5戦と統一戦の計6戦で年間王者の座を争う。

 ランクトップで最終戦を迎えた村田さん。予選で最速タイムを記録し、4位以上なら日本一という状況で決勝はスタート。いきなり6位に後退する波乱の幕開けとなったが、力強くも冷静な走りで着実に順位を回復。上位3台のバトルを制し1位となった。

 一発の速さとプレッシャーへの強さが持ち味という村田さん。初参戦となった今年も、安定感のある走りとここぞの勝負強さで全6戦で表彰台に立ち、まさに最速最強で日本王者に輝いた。

 「落ち着いてレースを組み立てていた」と話すのは父・竜一さん。レースではメカニックとして一番近くで支え、「開幕戦の優勝が大きかった」と親子で掴んだ日本一に笑顔を見せた。

 地元・横浜市も村田さんの挑戦をサポートしてきた。広報やメディカルチェックを支援する横浜市スポーツ協会の秋田浩平課長は「初年度でチャンピオンはすごい」。トレーニングを支えるメガロス綱島店の佐藤岳明副支配人も「日本一という成果につながり喜ばしい」と祝福した。

 来年はフォーミュラへの参戦も視野に入れる村田さん。「応援してくれる人にワクワクを届けたい。将来は、横浜初のF1ドライバーに」。世界への階段を一段ずつ上っていく。

スタート前の村田さん親子
スタート前の村田さん親子

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook