旭区版 掲載号:2012年5月17日号
  • LINE
  • hatena

小高・第一第二小学校 「左近山小」に統合  旭区3例目 来年4月に開校

教育

3校の合同遠足で親睦を深めた=5月11日、こども自然公園
3校の合同遠足で親睦を深めた=5月11日、こども自然公園

 児童数の減少により、市立左近山小高小学校と左近山第一小学校、左近山第二小学校が来年4月に統合され、「左近山小学校」として開校する。地元住民の高齢化や若年層の減少などから、長く小規模校の状態にあった3校。現在は、統合に向けて3校で交流活動が行われている。

 横浜市では11学級以下の小学校を小規模校と指定しており、小規模校同士の統合を進めている。旭区内でも、若葉台地区とひかりが丘地区で統合されており、今回で3例目となる。

 今回対象となる左近山小高小は6学級(149人)、左近山第一小は11学級(301人)、左近山第二小は10学級(266人)と小規模校に該当する(5月1日現在)。これを受け、左近山地区では昨年10月に3校の学校長や自治会長、PTAらによる小規模校対策検討委員会が発足し、会議を重ねてきた。

 統合後は22学級、751人になる見込み。校舎は左近山第一小が使用され、増築工事期間中は左近山小高小の校舎が使用される。名称は地域住民や児童らにアンケートを行い「左近山小学校」に決まった。学区が広がることから、保護者から通学時の安全面を心配する声も挙がったが、検討委員会では4月に安全点検を実施。今後は横断歩道の整備など要望を提出するという。

背景に少子高齢化

 高度経済成長期に開発された左近山団地。3校の中で一番歴史が長い左近山第一小は1969年に開校し、ピーク時の76年には1909人の児童が在籍していた。

 しかし、世帯主の高齢化、若年層の転出などで少子化が進み、児童数は3校とも減少傾向に。99年からは3校とも11学級以下が続いている。検討委員会の林重克委員長(左近山連合自治会会長)は「今は会合や行事にも子どもが集まらず、少子化を肌で感じている」とし、「小規模校はクラス替えができないことなど課題もあるので、統合はいずれ必要になるとは思っていた。子どもたちにとって良い環境を考えたい」と話す。

 小学校の跡地利用は今後検討される。林委員長は「施設を充実させて新しい世帯を増やすことも重要だが、今住んでいる高齢者が安心して暮らせる街にしたい」と、福祉施設などを要望していく方針だという。

3校で交流活動

 3校では来年の統合に向けて交流を深めようと、5月11日にこども自然公園=大池町=で全校生徒を対象とした合同遠足を行った。

 この日集まった児童は約750人。児童らは各学校の縦割りグループでポイントラリーを行い、課外活動を楽しんだ。学校ごとに赤、黄、青のバッジを付け、どこの学校か判別できるような工夫も。左近山第一小の児童(5年)は「一緒に遊びたいけど、緊張してまだ話せていない。(統合したら)友達の名前を覚えるのが大変そう」と話していた。

 左近山小高小の地口朝美校長は「今日の遠足で、この人数になることを実感してもらえたのでは。統合により友達も増えるので良い経験になれば」と期待を込めた。今後、3校では学年同士での交流や球技大会の合同練習などを行い、親睦を深めていく予定だ。
 

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク