旭区版 掲載号:2012年8月30日号
  • LINE
  • hatena

厚木商女子ソフト V2メンバーに鶴中5人 主将・米本さんら

大会を終え、練習に励むメンバー=8月22日、同校
大会を終え、練習に励むメンバー=8月22日、同校

 市立鶴ヶ峯中学校出身の生徒5人が所属する、県立厚木商業高校女子ソフトボール部(宗方貞徳監督)が「北信越かがやき総体」に出場し、2年連続7度目の優勝を果たした。5人は各々の役割で、2連覇に貢献した。

 同部に所属する鶴ヶ峯中学校出身のメンバーは、主将の米本栞さん(3年)、宮寺千秋さん(同)、山口唯さん(2年)、福田栞さん(1年)、柵木(ませぎ)香南さん(同)の5人。鶴中時代にもソフトボール部で一緒にプレーしていた5人は、良き友であり、良きライバルという先輩後輩同士だ。

 主将として全国制覇チームをけん引してきた米本さんは、ソフトボールの名門に憧れて同校に入学したという。毎朝1時間ほどかけて通学し、強豪校の厳しい練習に加え学業もこなしてきた。ハードな生活も「日本一を獲りたいという気持ち」で苦にならなかったと、この3年間を振り返る。

 念願だった全国制覇を果たした米本さんは「この瞬間のために毎日厳しい練習に耐えてきた。今までの練習の成果を今大会で全部出し切れた結果、獲れた日本一。夢を達成できて本当に嬉しい」と喜びをかみしめていた。

 同じく3年生の宮寺さんは、中学時代に県大会での優勝を経験し「次は全国優勝をしたい」との目標を掲げ同校に入学した。最後の夏である今大会では惜しくもベンチ入りはできなかったが、応援団としてチームを盛り上げ、優勝に貢献した。宮寺さんは「試合には出られなかったが、応援隊としてチームの一体感を出そうという思いで声を出した」と話した。

 米本さんと同じポジションの遊撃手で練習に励む1年生の福田さんは「先輩たちと同じようにインターハイで堂々とプレーすることが目標。同じポジションの米本さんを超えるプレーヤーになりたい」と、全国優勝を遂げた先輩の勇姿から刺激を受けていた。

 同校は準決勝、決勝ともに1―0の僅差の勝利で、全5試合完封勝ち。宗方監督は「守り勝つというチームカラーが存分に発揮された。ベンチ入りしていない選手たちの応援も大きな勝因の一つ」と話した。
 

(右から順番に)福田さん、山口さん、米本さん、宮寺さん、柵木さん=選手提供
(右から順番に)福田さん、山口さん、米本さん、宮寺さん、柵木さん=選手提供

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク