旭区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

女子ソフト 山口さん U19代表でV 鶴中出身、最年少出場

スポーツ

U19日本代表のメンバー(上段左は宗方監督)=監督提供
U19日本代表のメンバー(上段左は宗方監督)=監督提供
 市立鶴ケ峯中学校出身の山口唯さん(17=厚木商業高3年)が最年少でメンバー入りした、女子ソフトボールU19(19歳以下)日本代表。7月1日から7日にカナダで行われたソフトボールの世界女子ジュニア選手権大会で優勝し、3大会ぶりの世界一に輝いた。

 「紙一重の戦い。短期間で作ったチームでよく勝ってくれた」と宗方貞徳ヘッドコーチ(厚木商業高校監督)。8カ国で争う予選リーグは7戦全勝で首位通過。上位チームによる決勝トーナメントでは、エース投手を温存した準決勝で、アメリカにあわやノーヒットノーランという0―4で完敗を喫した。

 しかし、敗者復活の3位決定戦ではオーストラリアに9―2でコールド勝ち。決勝は、再戦となるアメリカを4―0(6回降雨コールド)で下し、ライバルの大会3連覇を阻止した。

山口さん 3試合に

 山口さん=鶴ヶ峰本町=は予選リーグのボツワナ戦、代打の後に中堅の守備へ。シンガポール戦はスタメン出場。決勝トーナメント初戦のニュージーランド戦は最終回、右翼についた。

 ボツワナ戦とシンガポール戦では二塁打を記録。「国際試合での長打は自信になった」と笑顔で振り返る。

 一度負けてオーストラリアに勝ち、決勝でアメリカを下す流れは、北京五輪と同じシナリオだ。「代表のユニホームを着て、日本のソフトボールを背負っているのを感じた。また着られたらいい」と打ち明けた。

 歓喜の一方、今月末には厚商ソフトボール部として高校総体(インターハイ)が控える。「代表ではベンチにいることが多かったので、高校でもメンバー入りできなかった人の気持ちが考えられるようになった」。代表経験の手応えを語る。

 「宗方監督から気持ちを切り替えろと言われた。日本一になって、インハイ3連覇を達成したい」。視線の先は、次の目標だ。

メダルを手に山口さん。大会の打席で=下は本人提供
メダルを手に山口さん。大会の打席で=下は本人提供

旭区版のトップニュース最新6件

花と緑の祭典始まる

ガーデンネックレス旭区会場

花と緑の祭典始まる

3月29日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

8年ぶりに全国出場

東希望が丘ミニバス女子

8年ぶりに全国出場

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク