旭区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

県高校書道で入選 旭陵高 書道部から3人

文化

受賞した3人(右から吉水さん、小菅さん、関さん)
受賞した3人(右から吉水さん、小菅さん、関さん)
 8月の第44回神奈川県高等学校教育書道コンクール(総出品数1万3024点)「臨書の部」で県立横浜旭陵高校=上白根町=書道部の小菅美貴子さん(3年)が特別賞、吉水裕理さん(3年)と関さくらさん(2年)は奨励賞を受賞した。

  ◇   ◇  

 コンクールは神奈川県内の高校生を対象に、毎年8月に募集、審査を行う。手本となる書を再現する「臨書の部」と、自由に表現する「創作の部」の2部門に分かれ、臨書の部に今年は8737点が寄せられた。上位15人には特別賞、次いで268人に奨励賞が送られ、小菅さんは13位の神奈川県高等学校教科研究会書道部会賞を受賞した。

 両部門とも半紙サイズで、手本の選択や文字数、書体などに制限はない。小菅さんは唐の時代の書家「褚遂良(ちょすいりょう)」の作品から45文字を選び、楷書で出品した。「顧問の先生が忙しくてあまり添削をしてもらえない中だったので、1枚1枚の完成度を高めて集中して練習した」と小菅さん。「作者の字の特徴や作品の雰囲気をつかむのが難しかった。まだまだうまくなりたい」と思いを語った。

 吉水さんは3年連続で奨励賞を受賞。楷書で同じ作品を手本にし続け、「1年の時に比べると上手くなったと思う。賞を取り続けることができたのは嬉しいけど、特別賞が取れなかったのは悔しい」と明かした。

 高校で書道を始めた関さんは2年生の今年、「隷書(れいしょ)」でコンクールに初挑戦。「隷書はあまり書いたことがなかったけど、平べったい形が好き。いろんな書に挑戦していきたい」と話した。

旭区版のトップニュース最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク