旭区版 掲載号:2013年10月10日号
  • googleplus
  • LINE

食物アレルギー5千人超 横浜市、給食指針作り対応

社会

 東京都の小学校で昨年12月、食物アレルギーのある児童が給食後に死亡した事故を受け、文部科学省は学校給食における食物アレルギーへの対応について、全国規模の調査に着手。横浜市の現状について取材した。

 横浜市が給食を実施する市内の公立小学校、特別支援学校、定時制高校に対して行った調査によると、2012年時点で食物アレルギーがある児童生徒は5264人、全体の2・8%に。うち半数近くは複数の食物にアレルギーを持つ。

 市は08年に国が定めた「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」をもとに、「アレルギー疾患の児童生徒対応マニュアル」を11年6月に作成。市内公立小学校はこれに基づいて給食を提供している。

 各小学校では毎年、保護者からの申し出や保健調査票などから食物アレルギー疾患のある児童を把握する。担任や栄養士らは保護者と面談し、原因となる食品や症状等を聞き取り調査した上で、個人カルテを作成。該当食材を除いて調理する除去食にするか、代わりの食材を使用する代替食にするか、弁当を持参するかなどの対応を決め、全教職員で情報共有している。

 一方、複数の児童に除去食を提供している学校の調理員は「毎日調理前に確認を行っている。アレルギーの原因となる食材に触れた手で別の食材を触らないなど、神経を使う」と話す。 横浜市では年2回、自己注射薬「エピペン」の使用法を専門家から学ぶ講習を実施するなど、緊急時に備えているという。市教委健康教育課は「マニュアル通りの対応が第一。新たな国の方針が示され、マニュアルの改訂が必要であれば考えていきたい」としている。

旭区版のトップニュース最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク