旭区版 掲載号:2014年11月20日号
  • googleplus
  • LINE

厚生労働大臣表彰 歯科医の藤井さんが受賞 市保健事業の発展に寄与

社会

「時代によって考え方を変えなくては」と藤井さん
「時代によって考え方を変えなくては」と藤井さん
 厚生労働省などが主催する「第35回全国歯科保健大会」が11月8日に大阪府で行われ、藤井達士(たつひと)さん(69)=柏町在住=が厚生労働大臣表彰を受賞した。昨年6月までの約6年間、横浜市歯科医師会の会長を務めていた藤井さん。行政と連携しながら、市民の歯科保健事業を推進したことが評価された。

 同表彰は長年にわたり歯科保健事業に携わり、地域における公衆衛生の向上に著しい功績のあった個人に贈られる。全国で60人と6団体が選ばれ、県内からは藤井さんを含む2人が受賞した。

 市歯科医師会の会長当時を振り返り、藤井さんは「市民に対し、どのような歯科保健事業をやればいいのかを考えていた」と話す。そうした中で、市が保健医療分野の施策を総合的に体系づけた「よこはま保健医療プラン2013」の中に、妊娠期や乳幼児期、高齢期などすべてのライフステージを通じて歯科健診を受けることを盛り込んだ。

 また、急患や障害者に対応する「横浜市歯科保健医療センター」=中区=のリニューアルに際しては、全身麻酔での治療を可能とするなど、さまざまな事業に取り組んできた。

 藤井さんは「今回の表彰は自分一人がもらったのではなくて、一緒に活動した先生方の功績を代表して受けていると思っている」と笑顔で語る。

地域医療が原点

 歯科医師としては、「藤井歯科医院」=柏町=を1982年に開業。30年以上、地域住民の健康を口から支え続ける。「患者さんの構成が変わった。昔は子どもが多かったけど、今は高齢者が8割くらい」と開業当時との違いを口にする。現在は患者に対し、口腔ケアや健診について直接説明したり、パンフレットを渡したりと地域から歯科保健事業の一端を担う。藤井さんは「直接行政と関わることはなくなったけど、提案や助言など若い人たちの手助けができれば」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

夏の全国大会へ

区内2高校

夏の全国大会へ

7月26日号

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク