旭区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

「みなくる」が10周年 17日に記念イベント

社会

フェスタをPRする職員ら
フェスタをPRする職員ら
 旭区市民活動支援センター「みなくる」が今年で開所から10周年を迎えた。市民活動や生涯学習などを支援・推進する拠点として区民らの活動をサポートし続け、12月17日(日)には周年を記念したイベントを開催する。

 横浜市では市民活動を支援するため、市内各区に市民活動支援センターを設置。みなくるは2007年10月、ココロット鶴ヶ峰4階に開所した。

 施設内には会議室や貸ロッカー、印刷機などを備え、登録すると市民活動や生涯学習、ボランティアなどに取り組むために会議やチラシ製作などを行うことができる。登録基準は楽しむだけの趣味の活動ではなく、活動を地域のために生かすことができることなど。活動を地域に還元するためのアドバイスや勉強会などによる団体支援のほか、区内の公共施設で活動するサークルや団体を紹介するなど情報発信の役割も担っている。

 開所以来多くの団体・個人が利用し、最多となった13年には243団体が登録。その後、会員不足から登録を辞退する場合や、2年に1度必要な更新をしない団体などもあり、現在の登録数は167団体となっている。

 小学4年生以上を対象に科学体験塾に取り組む「認定NPO法人おもしろ科学たんけん工房」で旭区を含む北2地区代表世話人の古村哲夫さんは、開所後すぐから同所を利用してきた。古村さんは「駅からすぐの立地で便利。相鉄沿線での活動を盛んにでき、旭区の会員も増えた」と話す。

各団体が活動紹介

 10周年を記念し12月17日には、登録団体支援を目的とする「みなくる10thフェスタ」を開催。人材不足という課題を抱える団体が多いことから、各団体がパネルや作品展示、体験を通して活動を紹介し、活動周知や会員増強につなげてもらうねらいだ。

 午前の部(午前10時30分〜午後0時30分)は親子向けの団体が出展し、ヨガ体験や時短クリスマスケーキ作りの実演も行う。午後の部(1時30分〜3時30分)は定年前後の人向けの団体が参加し、介護予防体操やオカリナ演奏なども予定。会場には旭区マスコットキャラクター・あさひくんやサンタクロースも登場し、参加者へ先着でプレゼントも配られる。

 企画した新田(しんでん)美友喜さんは「各団体が工夫を凝らして活動を紹介します。皆さんに活動を知ってもらうことはもちろん、団体同士の交流にもつながれば」と話す。入場無料。詳細は同所【電話】045・382・1000。

残暑お見舞い申し上げます

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

株式会社水村建設

地域の安全安心に貢献する企業

http://www.kkmizumura.net/

㈲三好新聞舗

読売新聞、日本経済新聞、神奈川新聞などを扱っております

http://senmarudai.rdy.jp/60miyosisinbun/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

残暑お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月2日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク