旭区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

旧上瀬谷通信施設 地権者組織が発足 跡地利用の検討進める

社会

川口篤会長(写真中央の右)をはじめとする協議会の役員ら=旧上瀬谷通信施設
川口篤会長(写真中央の右)をはじめとする協議会の役員ら=旧上瀬谷通信施設
 2年半前に米軍から返還され、2026年の国際園芸博覧会の招致も検討されている旧上瀬谷通信施設の跡地利用を話し合う地権者組織「旧上瀬谷通信施設まちづくり協議会」(川口篤会長)がこのほど発足した。同協議会では今後、横浜市とともに農業振興や土地活用の方向性について検討を進め、土地利用基本計画の素案づくりを進める。具体的な計画策定は、18年度以降になる見通し。

 旧上瀬谷通信施設は旭区と瀬谷区にまたがり、広さ約242ヘクタール。国有地と、農業専用地区などの民有地がそれぞれ約45%を占めており、残り10%が市有地になる。

 返還を受けて、市と地権者は跡地利用を検討しており、2017年度上半期は現状の課題や将来の土地利用を考える勉強会を開いてきた。また、市では国有地を中心として、園芸や造園産業の振興、緑あふれる地域創造などを図る国際園芸博覧会の開催を目指しており、今年度から取り組みを本格化。跡地利用計画と並行して、招致のための基本構想案も練られている。

 同協議会は、「上瀬谷農業専用地区協議会」(上瀬谷町・竹村町・中屋敷ほか)や、「上川井農業専用地区協議会」(上川井町ほか)の地権者などで組織。跡地の地権者242人のうち、209人が名を連ねている。

 跡地利用については現在、都市型農業を展開する「農業振興ゾーン」と、産業振興や賑わいの創出、地域や広域の課題を解決するための機能・施設を盛り込む「土地活用ゾーン」に分けて検討されている。同協議会では今後、上瀬谷と上川井それぞれの「農業振興部会」と、「土地活用部会」の3部会に分け、各ゾーンの具体的な区域や機能などを話し合う。部会ごとの意見や要望を、全体会で集約して決定するという。川口会長は「各部会でしっかりと検討を重ねていき、まずはゾーンの区域案をまとめたい」と意気込んでいる。

旭区版のトップニュース最新6件

消防操法競う県大会へ

旭消防団第4分団

消防操法競う県大会へ

7月19日号

地図活用して地震に備え

星槎中学校

地図活用して地震に備え

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

未整備区域の意見を募集

横浜動物の森公園

未整備区域の意見を募集

7月12日号

街への気持ち歌に

希望が丘音楽家有志

街への気持ち歌に

7月5日号

新聞販売店が見守りで協力

二俣川ニュータウン地区

新聞販売店が見守りで協力

7月5日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク