旭区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

車いす卓球の選手として国内外の大会で活躍する 齊藤 元希さん 横浜隼人高校1年

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

世界を舞台に「攻める」

 ○…車いす卓球の国内最高峰とされる昨年11月の「国際クラス別パラ卓球選手権大会」のクラス4で準優勝。そして、12月にドバイであった「アジアユースパラ競技大会」に日本代表として出場し、個人で銅、団体で金メダルを獲得した。国際クラス別パラ卓球では3連覇中の選手と戦い、2ゲーム先取から立て続けに負けて劣勢に追い込まれるも、気持ちを切り替えて勝利を手繰り寄せた。「国内では、ピンチに動じることなく戦えるようになってきました」と精神面の成長が著しい。

 ○…瀬谷区の出身、今は横浜隼人高校に通う。先天性脳性麻痺によって足が不自由で、小学生の頃に車いすスポーツに取り組むようになり、卓球は中学から始めた。最初は楽しむことが第一だったが、国際クラス別パラ卓球(2015年)での初出場4位を転機に、競技の色合いが濃くなった。16年度からは日本肢体不自由者卓球協会の育成選手として海外の大会にも出場。「2年前は、こんな風になっていると想像していませんでした」と、ここ数年の激動ぶりに戸惑う一方で、「今は卓球がとにかく楽しい」と笑顔を浮かべる。

 ○…両親と双子の弟、家族4人暮らし。父・由宣さんは練習のパートナーで、二人三脚で励む。卓球を離れれば普通の高校生。読書好きで、一時期は推理小説にはまり、ミステリーの大家アガサ・クリスティの作品をよく読んでいたそう。

 ○…17年は多くのメダルを獲得するなど飛躍の年だった。今年は、目標のパラリンピック出場と金メダル獲得に向けた、勝負の年だ。今の主戦場であるジュニア部門から、より強豪の揃うシニア部門に出られる可能性もあり、「そこで上位に入れれば」と意気込む。パラリンピック出場には国際大会で活躍して世界ランキング上位に入ることが必要で、「世界に動じることなく、積極的に攻めていくプレーヤーになりたいです」と固い決意を見せる。

旭区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

宮下 遥奈さん

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

宮下 遥奈さん

四季美台在住 20歳

4月23日号

高橋 久美子さん

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する

高橋 久美子さん

市沢町在住 48歳

4月16日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月9日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク