旭区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • はてぶ

Dance Dance Dance@YOKOHAMA2018 プロダンサーが高校訪問 希高ダンス部でワークショップ

教育

NaNaさん(右)に合わせてダンスする生徒たち
NaNaさん(右)に合わせてダンスする生徒たち
 横浜市内全域で開催中のダンスフェスティバル「Dance Dance Dance@YOKOHAMA2018」の一環として8月22日、県立希望ケ丘高校をプロダンサーが訪問。ダンス部の生徒たちに、技術や表現力などの向上を目指して指導した。

 2012年に初開催された同イベントは、3年に1度行われている日本最大級のダンスフェスティバル。3回目となる今回は、8月4日から9月30日までの期間でジャンルや国籍、性別、世代、障害の有無を超えた230以上のプログラムが市内全域で展開されている。

 プロダンサーが高校のダンス部を訪問し、指導を行う「ダンス部応援プロジェクト!」は、次世代育成事業の一環として、フェスティバル開催2回目の15年に初めて実施。今回は、希望ケ丘高校を含む市内9校で実施されている。

 同校では、ダンス部とブレイクダンス部の生徒約50人が参加した。指導を行ったのは、多くのアーティストの振り付けやバックダンサー、インストラクターも務めるNaNaさん。07年にメジャーデビューし、シンガーとしても活動している。この日はワークショップとして、約1時間30分にわたり、生徒たちに指導を行った。

 NaNaさんはストレッチから始め、順にジャズとヒップホップダンスの動きを一つずつ確認。自身が歌い、作詞作曲もした楽曲「DREAMER(ドリーマー)」に合わせてレッスンも行い、歌詞の意味を確認しながら表現力も磨いた。生徒たちはNaNaさんの機敏な動きに感嘆しながらも、懸命に取り組んでいた。後半は生徒による発表もあり、NaNaさんからは「もっと恥ずかしがらずに」「ヒップホップらしく、もっと生意気な表情を出してアピールを」などのアドバイスがあった。

 終了後、ダンス部の部長を務める蓮沼紗季さん(2年)は「とても良い刺激になった。ダンスを通じて、もっと多くの人とつながれるように頑張りたい」と振り返っていた。NaNaさんは「自分にしかできないスタイルでダンスを伝えたかった。生徒たちが、自由に自分の道を歩んでくれたら」と話していた。

旭区版のトップニュース最新6件

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

“町おこし”案を区職員に提案

左近山小6年1組

“町おこし”案を区職員に提案

10月18日号

所得制限緩和を検討

小児医療費助成

所得制限緩和を検討

10月11日号

今年もこども自然公園で

相鉄ロックオンミュージック

今年もこども自然公園で

10月11日号

合同でボッチャの大会へ

上白根中学校

合同でボッチャの大会へ

10月4日号

21郵便局などが協力

旭区徘徊SOSネットワーク

21郵便局などが協力

10月4日号

10/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

平成31年度入園 園児募集中!

めぐみ幼児園 旭区中希望が丘72-2 TEL.045-391-6038

http://kibogaoka-cpc.jp/megumi/

おかげさまで50周年

希望が丘で気軽に呑める店「立ち呑み 鳥正」

045-391-1258

法律の悩みありませんか?

不動産登記、債務整理、破産手続、相続・遺言書作成 ご相談ください

http://shiho-kanai-office.jimdo.com/

アマンデン洋菓子店は創業45年

常時、40種類の生菓子、焼き菓子が揃っています!

http://www.amanden.com

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

21日、旭区役所などで

区民まつり

21日、旭区役所などで

各種ステージや模擬店、イベント

10月21日~10月21日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク