旭区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

コプレ二俣川 大規模訓練で災害備え 消防・警察交え初実施

社会

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
駅南口のバスロータリーから伸びていくはしご車と訓練参加者
駅南口のバスロータリーから伸びていくはしご車と訓練参加者

 再開発ビル「コプレ二俣川」で11月16日、初の総合消防訓練が実施された。同施設の従業員をはじめ、旭消防署と旭警察署の署員など約150人が参加。利用者の多い大規模商業施設で火災が発生した場合を想定し、利用者の安全を確保するための対応などが確認された。

 今年4月に同施設の商業棟「ジョイナステラス二俣川」が開業した二俣川駅周辺では回遊者が増加傾向にあり、防火・防災対策のさらなる充実が求められている。同施設でも自主的に訓練を行っているが、今回は秋の火災予防運動の一環として旭消防署の主導で初めて実施された。

 訓練は二部制で進行。商業棟4階のエレベーターホール付近で火災が発生した想定で始まった。第一ステージとして発生現場付近にある店舗従業員が火災を発見し、消防署に通報。現場に先着した警察官と従業員が初期消火を行い、利用者の避難誘導を行う段階まで進められた。

 第二ステージでは、現場に到着した消防隊による火災の対応訓練が行われた。火災状況を確認する手段として、はしご車が使用されたほか、高さ約50mの屋上から都岡特別救助隊による緊急脱出訓練も実施。逃げ遅れた人々や負傷者を救出するまでを確認し、訓練は終了した。

 旭消防署の川村滋署長は訓練を振り返り、「二俣川は区内でも重要な拠点。火災を発生させないことが第一だが、万が一発生してしまった場合には被害の軽減を図るため、チームで対応してほしい。消防署も一体となって、利用者の安全を守りたい」と訓練参加者に呼び掛けた。

 同施設・防災センター

内の相鉄企業(株)二俣川事業所の鱸(すずき)一彦所長は「万が一の時は負傷者を出さないよう、初期消火に努めたい。今回の訓練をブラッシュアップさせていけたら」と話していた。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

旭区内に95区域

土砂災害レッドゾーン

旭区内に95区域 社会

県が今年度中に正式指定

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

協会の出稿では初

10月22日号

歩いて探す「あさひくん」

旭区ウオーク企画

歩いて探す「あさひくん」 文化

撮影した写真募集

10月15日号

1500mで頂点に

県総体陸上

1500mで頂点に スポーツ

今宿中3年・山村さん

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

12月にオンライン開催

区民まつり代替企画

12月にオンライン開催 コミュニティ文化

動画出演者を募集

10月8日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

22日に朝市

22日に朝市

区役所1階

10月22日~10月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク