旭区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

万騎中ソフト部 3人が「U14」日本代表に 14日からは台湾遠征も

スポーツ

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
12人の少人数ながら県制覇を成し遂げた同部
12人の少人数ながら県制覇を成し遂げた同部

 万騎が原中学校のソフトボール部(顧問/森木直行監督・足立成広コーチ)の部員3人が(公財)日本ソフトボール協会主催の女子U14(14歳以下)日本代表選手プロジェクト「GEM1」に選出された。14日(月)からは台湾選手との交流事業も予定されており、将来の日本のソフトボールを担う選手として育成される。

 「GEM」とは宝石の”原石”などを意味し、同協会が日本のソフトボールの将来を支えていくジュニア世代たちをなぞらえて命名。野球・ソフトボールの五輪正式復活を受けて始まった「GEM1」は、ジュニア世代の育成強化を目指すプロジェクトのファーストステップに当たり、中学1・2年生が対象になる。

 代表選出には礼儀や規律の遵守、積極性などの内面性をはじめ、一定基準を満たした運動能力が募集条件。書類選考を経た後に実技テストを実施し、全5段階の選考会を経て全国から17人が選び抜かれるシステムとなっている。

 同校で選出されたのは、2年生で部長の矢藤瑠璃花(るりか)さんと内野純枝(すみえ)さん、1年生の古川ひとみさんの3人=写真前列中央。3人は昨年11月に静岡県で行われた選考会を振り返り、「打ち方など神奈川とのレベルの差を感じた。良い刺激になった」と明るく話した。

 今月14日から19日(土)には日台交流事業としてチームでの台湾遠征も予定。同地の選手との試合も行われることから、矢藤さんは「国外のレベルを知れる機会。世界の場でも活躍できる選手になりたい」と先を見据える。

 顧問の森木監督は同部から3人が日本代表に選ばれたことに「すごいことで将来性があると思う。中学ソフトを担ってくれたら」と期待を込めて話していた。

同部は初県制覇

 同部は昨年秋に開催された「神奈川県中学校男子・女子新人ソフトボール大会」で5試合を勝ち抜き優勝。チーム史上初の県制覇を成し遂げ、3月16日(土)・17日(日)に海老名市で開催される「第29回関東中学生選抜ソフトボール大会」に県代表として出場する。

 舞岡中学校(戸塚区)との県・決勝戦を振り返り、矢藤さんは「先取点を取られ苦しい場面もあったが、メンタルで乗り切った」とし、「関東は県での反省を生かし、県代表として勝ち進みたい。目指すは関東制覇」と意気込んだ。森木監督は「未経験者も多い中、やる気と経験値が勝因につながった」と自信を見せた。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

「とりでの森」を全面封鎖

こども自然公園

「とりでの森」を全面封鎖 社会

3月再開へ向け改修工事

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

過去最少で推移

旭区内火災件数

過去最少で推移 社会

昨年38件で前年と同数

1月16日号

竹内さんが法務大臣賞

旭北中

竹内さんが法務大臣賞 教育

“社明運動”作文で最高評価

1月16日号

2,304人が門出

旭区の新成人

2,304人が門出 社会

13日、横浜アリーナで式典

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

地域活動で総務大臣表彰

若葉台山岸会長

地域活動で総務大臣表彰 社会

区内から2人目

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相撲甚句を披露

瀬谷区

相撲甚句を披露

普及団体が29日に

1月29日~1月29日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク