旭区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

ジュニアボランティア 児童の体験20年目に 延べ参加者は約5000人

教育

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
下田区長から各地区の代表者に参加賞を贈呈した就任式
下田区長から各地区の代表者に参加賞を贈呈した就任式

 児童が地域でさまざまな体験を行う「ジュニアボランティア体験事業」の就任式が、8月1日に旭公会堂で行われた。旭区独自の事業として今年で20年目を迎え、これまでの延べ参加者は約5000人に上る。

 児童の福祉やボランティアへの関心を高め、思いやりや感謝の気持ちを育む目的で、2000年度に始まった同事業。区内の小学5・6年生が対象で、各地域で福祉活動などを行う民生委員・児童委員、主任児童委員と一緒に敬老会などの地域イベントへの参加、保育園訪問、赤い羽根共同募金などに取り組んでいる。

 毎年300人前後が参加し、20年間の延べ参加者は約5000人。今年は小学5年が118人、小学6年が161人の合計279人が参加する。

 1日に行われた就任式には、各地区の参加児童や民生委員・児童委員、主任児童委員などが集結。地区ごとに全参加児童の名前が読み上げられ、下田康晴旭区長が各地区の代表者に参加賞を手渡した。その後、公益財団法人日本補助犬協会(矢指町)による研修が行われ、補助犬の種類や街での対応などについて学んだ。今後は12月まで各地区で活動を行い、12月1日(日)に全体で体験発表会を行う予定だ。

将来を考える契機

 同事業が始まった20年前、スタートに向けて尽力した1人が当時の旭区民生委員児童委員協議会で会長を務めていた大越由美子さん。「未来を担う子どもたちにも目を向けるべき」という思いから企画し、小学校の校長や自治会町内会関係者らを説得して実現にこぎつけた。大越さんは「当初は学校とのやりとりなど簡単にはいかないこともあった。それでもここまで続いていて、本当に始めてよかった」と話す。

 今では地域に根付いた活動となり、地域側からボランティアの参加を依頼されることも増えた。また児童にとっても大きな経験となり、進路にも影響を与えている。中には同事業から福祉に興味を抱き、現在は福祉業界で働く人もいるという。

 「いろいろなことを感じ、考えて、有意義な体験にしてほしい」と旭区主任児童委員連絡会の入江ゆきよ代表。旭区民生委員児童委員協議会の峰松雅子会長は「続けられているのは各地区の皆さんのおかげ。区役所や区社会福祉協議会などと協力し、この先どうやって継続させていくか考えていきたい」と話した。

旭区版のトップニュース最新6

読書目標と地図を刷新

読書目標と地図を刷新 社会

新たな5年で活動推進へ

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月19日号

大規模災害備え連携

上白根連合東亜ガス

大規模災害備え連携 社会

背景に防災の担い手不足

9月12日号

相鉄バスで自動運転

里山ガーデン

相鉄バスで自動運転 社会

大型車の営業運行は国内初

9月12日号

ベッドメイクで三連覇

二俣川看護福祉高

ベッドメイクで三連覇 社会

県内高校生が介護技術競う

9月5日号

式典前の最後の全体会

旭区誕生50周年

式典前の最後の全体会 社会

進捗確認し、機運高める

9月5日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク