旭区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

台風19号帷子川 避難勧告発令も浸水被害なく 旭土木の暫定対策が奏功

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
台風19号が上陸した際の若葉台遊水池(12日撮影、旭土木事務所提供)
台風19号が上陸した際の若葉台遊水池(12日撮影、旭土木事務所提供)

 今月12日に日本に上陸し、関東地方などで記録的な大雨と甚大な被害をもたらした「台風19号」。旭区内の川井本町と上川井町では帷子川の増水による避難勧告が発令されたが、旭土木事務所による浸水対策が奏功し、大きな浸水被害は発生しなかった。

 若葉台に源を発する帷子川は旭区、保土ケ谷区、西区の市街地を西から東へと貫流し、横浜港へ注ぐ流路延長約17Km、流域面積約58Kmの二級河川。

 1940年代頃まで耕地の灌がいを目的に利用されていたが、58年に発生した台風22号によって4600戸を超える床上・床下浸水が発生したことを契機に、横浜市による本格的な河川改修工事がスタート。これまで堤防の嵩上げや川底の掘削、護岸強化などを下流域から進めてきた。

 97年には中流部の白根一丁目付近に、河川の途中から新たな河道を掘削し、洪水の一部を直接海に放流する「帷子川分水路」も設置された。

 現状、改修工事は川井本町の「川井橋」付近まで完了しているが、それより先の上流部では用地取得の課題などもあり、未改修の状態が続く。上流部は川幅も狭いため大雨時には水が滞留しやすく、2013年4月に31棟、14年10月には15棟の浸水被害が発生した。

4つの対策に効果

 旭土木事務所では改修工事完了までの暫定対策として、16年度から18年度まで未改修の上流部で4つの浸水対策工事を進めてきた。

 まず「道路排水の強化」を目的とした工事に着手。国道16号線と並行する水道道沿いに街渠(きょ)桝を新設して川井橋の下流に排水することで、16号線の浸水を減少させた。

 翌17年度には、帷子川の源流域である若葉台地区で2つの工事を実施した。若葉台遊水池周辺が浸透適地であることから、老朽化した街渠桝の更新に合わせて雨水浸透桝を整備。雨水の流出抑制が強化されたという。

 さらに遊水池を有効活用するため、放流口に新たにゲートを設けた。大雨時には閉じて雨水を貯留させ、放流量を抑制する機能を果たしている。

 18年度には、16号線の川井橋下に帷子川の川底下を縦断する雨水バイパス管を新設。上流部に溜まった水を改修された下流部に分水させることで、帷子川の浸水箇所の流量を減らせるという。

 台風19号が上陸した12日、上流部の「大栗橋」と「学校橋」では20cm程度の道路冠水があり、旭土木事務所では通行止めを実施。低い位置にある学校橋は従来から大雨時に冠水し、上川井小学校への避難の支障になることから、現在は架け替え工事が進行している。

 旭土木事務所の担当者は「暫定的な対策ではあるが、大きな被害につながらず効果があったと見ている」としている。
 

旭区版のトップニュース最新6

コプレ二俣川が優秀賞

神奈川建築コンクール

コプレ二俣川が優秀賞 社会

長期の再開発 総合力評価

12月5日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進めざし独自開発

12月5日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

40回目は笹野台が制す

旭区民スポーツ祭

40回目は笹野台が制す スポーツ

来年度から種目変更へ

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

竹内さん(今宿南町在住)に厚労大臣表彰

竹内さん(今宿南町在住)に厚労大臣表彰 文化

長年の理容業への貢献が評価

11月21日号

盛大に開校記念式典

左近山特別支援学校

盛大に開校記念式典 教育

児童生徒が運営担う

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマスパーティー

二俣川

クリスマスパーティー

ジョイナステラスとライフ

12月21日~12月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク