旭区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

生活支援体制整備事業フォーラム 活動知って「活き活き」暮らして 11月6日、市内でも初の試み

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
準備を進める梅木さん(左)とケアプラザの担当者ら
準備を進める梅木さん(左)とケアプラザの担当者ら

 地域での居場所づくりや生活支援などがテーマの「誰もが地域で活き活きと暮らすために〜旭区生活支援体制整備事業フォーラム〜」が11月6日(水)、旭公会堂と区役所で開催される。社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会が主催し、横浜市内で初の試みとなる。

 横浜市では2016年度から「生活支援体制整備事業」として誰もができることを大切に、自分らしくいきいきと暮らせる地域を目指して事業を展開。旭区内でも高齢者が集うサロンや、買い物が不便な地域での移動販売、乗り合いバスによる移動支援など、生活を支えるさまざまな取り組みが進められている。

 同フォーラムは事業の開始から3年が経過した今年を一つの区切りに今までの取り組みを振り返り、今後の展望を考えることを目的とする。区内では個別の取り組みに関する地区を越えた連絡会はあったが、事業全体の状況を共有する場はこれまでなかった。そこで区内の13地域ケアプラザや旭区社会福祉協議会が中心となり、全体の情報共有や活動周知を図ろうと市内でも先駆けとなるフォーラムが企画された。

区内外の事例紹介

 当日は社会福祉法人中央共同募金会の渋谷篤男常務理事による基調講演や、「交流・居場所」「生活支援」「見守り・つながり」という3つの分科会に分かれて各地のサロンや生活支援ボランティアなど区内外の取り組みが紹介される。同協議会・生活支援コーディネーターの梅木博志さんは「旭区でもサロンなどの活動が進んでいるが、実際はまだまだ知らない方も多い。活動する人、参加する人共に裾野を広げていきたい」と話す。

 参加無料。午後1時30分から4時まで。定員300人、直接会場へ。12月にはフォーラムの一環で企業や施設などによる事例紹介も予定。詳細は同協議会【電話】045・392・1123へ。

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

秋の公開中止に

里山ガーデン

秋の公開中止に 文化

緊急事態宣言延長で断念

9月16日号

自販機がSDGsに一役

上白根町ジャングル10

自販機がSDGsに一役 社会

社団法人・飲料会社が協力

9月9日号

区「ネット端末」でサポート

マイナンバー申請

区「ネット端末」でサポート 社会

行政窓口で市内初

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook