旭区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

大切な命を守る作文コンクール 上原さんが生活安全部長賞 区内から唯一の受賞

教育

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする上原さん(右)と佐藤署長
賞状を手にする上原さん(右)と佐藤署長

 神奈川県警察主催の「大切な命を守る」中学・高校生作文コンクールでこのほど、県立二俣川看護福祉高校(中尾)の上原明日香さん(看護科2年)が生活安全部長賞を受賞。今回は区内からは唯一の受賞となった。

 身近に経験した事件・事故に関することや、人間関係の大切さに関することなどを盛り込みつつ、命の大切さに関する考えを表現した作文を募る同コンクール。各地の警察関係団体では、犯罪に遭った人々やその家族などの置かれた状況や気持ちを伝えるために「いのちの大切さを学ぶ教室」を展開。コンクールではこの教室を受講した中高生を中心に公募を行い、毎年多くの作品が寄せられている。

 今年は中高合計で2067作が集まり、中学・高校それぞれ5作の入賞作品を決定。旭区からは二俣川看護福祉高の上原さんが、生活安全部長賞を受賞した。

「相手を思って」

 12月10日には旭警察署で賞の伝達式を実施。同署の佐藤修署長から上原さんに対し、賞状が手渡された。

 上原さんの作品は「相手を思って」と題し、自身の経験から感じた相手にされて嫌なこと、傷ついたこと、助けてもらったことなどを文章で表現したという。「同じ思いをしている人たちに気持ちが伝わればいいなと思って書きました。自分の思っていることが他の人の役に立てば」と上原さん。佐藤署長は「言葉の大切さ、重みを感じさせてくれる作品だった」と評価した。

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

介護施設へ手作りマスク

横浜旭LC

介護施設へ手作りマスク 社会

30年以上交流続く

7月2日号

護岸改修し道路拡幅

白根通り斉藤橋付近

護岸改修し道路拡幅 社会

10月末の完成目指す

7月2日号

前年上回るペース

横浜市内熱中症搬送

前年上回るペース 社会

コロナ禍の予防 呼び掛け

6月25日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 社会

7月に給食・部活再開

6月25日号

国交大臣表彰を受賞

鶴ヶ峰バス停花壇を作る会

国交大臣表彰を受賞 社会

花を維持管理し20年超

6月18日号

住居確保給付金の申請殺到

住居確保給付金の申請殺到 社会

5月度は千件超の見込み

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク