旭区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

旭保護司会 新たな拠点で活動推進 柏町にサポートセンター

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
サポートセンター旭で取材に応じる小松会長
サポートセンター旭で取材に応じる小松会長

 罪を犯したり、非行をした人の更生を支援する保護司。旭区内で活動する旭保護司会(小松康夫会長)は昨年4月に「サポートセンター旭」を新たに開設し、同センターを拠点に活動に取り組んでいる。

 保護司は法務大臣に委嘱されるボランティアで、地域の中で犯罪や非行をした人が社会復帰できるように支える役割を担う。旭保護司会には現在38人が所属し、面接などを通じた保護観察や犯罪を未然に防ぐ啓発活動などに取り組んでいる。

 各地でのこうした活動の拠点となるのが更生保護サポートセンター。法務省が2008年から全国で整備を進め、2020年4月時点で神奈川県内には43地区に設置されている。

開所は週2日

 横浜市内各地でも順次開設されてきた中、同会でも以前からセンター開設が検討されてきた。一昨年から本格的に準備が進み、会員のつながりから相鉄いずみ野線・南万騎が原駅近くにあるレンタルスペースが見つかり、そこを借りる形でサポートセンター旭が開設された。

 開所は毎週木曜と土曜の午前10時から午後4時まで。交代で会員が1人滞在し、面接などに対応する。現状では役員会などの会合に活用しているほか、開設前は会員の自宅で行っていた対象者との面接にも活用。自宅での面接は住宅や家庭の事情などから会員の負担になる場合もあり、「やっとできた拠点。有効活用して会員の負担軽減につながれば」と小松会長。新たな拠点を活用し、会員増強にも力を入れていくという。

 所在地は旭区柏町47の6ふたば薬局2階。問い合わせなどは小松会長【携帯電話】090・9002・8697へ。

旭区版のトップニュース最新6

白根の地で開館35周年

旭図書館

白根の地で開館35周年 文化

記念の新規事業や催しも

6月17日号

女子トイレに生理用品

二俣川看護福祉高

女子トイレに生理用品 社会

県のモデル校に

6月17日号

全国7人制選手権で優勝

SEISA打鼓音

全国7人制選手権で優勝 文化

結成わずか2カ月の快挙

6月10日号

校名は「上白根北」に

2023年4月から

校名は「上白根北」に 教育

6月10日号

選ばれ続けるまちへ

旭区

選ばれ続けるまちへ 政治

区運営方針を発表

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter