旭区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

鶴ヶ峰駅付近連続立体交差事業 環境アセス動画を公開 コロナ禍で説明会は中止

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
事業区間内の「開かずの踏切」の一つ、鶴ヶ峰2号踏切
事業区間内の「開かずの踏切」の一つ、鶴ヶ峰2号踏切

 相鉄線「西谷駅―二俣川駅間」の踏切を無くし交通渋滞解消を目指す「(仮称)相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業」。横浜市は同事業の環境影響評価(環境アセスント)準備書に関する説明会を1月16日に予定していたが、コロナ禍の緊急事態宣言発令を受け中止に。説明会で放映予定だった動画が2月8日(月)まで公開されている。

 同事業は、同様の問題を抱える市内5区間の候補の中から「星川駅―天王町駅間」の次に行う事業区間として、2016年3月に選定された。「西谷駅―二俣川駅間」には鶴ヶ峰そばの鶴ヶ峰2号踏切など、ピーク時に1時間あたり40分以上遮断している「開かずの踏切」が5カ所ある。この5カ所を含め、同区間の10カ所の踏切を無くすことで、渋滞の解消や歩行者の安全性向上、消防車や救急車の通行の妨げの解消などが実現する。また、同事業に合わせた、鶴ヶ峰駅北口のまちづくりの進展も期待されている。事業延長は約2・8Km。線路や鶴ヶ峰駅は地下化される。着工予定は2023年度。事業期間は34年度までが想定されている。

2月8日まで意見受付

 環境影響評価制度は、大規模な開発事業において、その事業が環境に及ぼす影響を事前に調査・予測・評価し、その結果を公表し適切な対策を検討して事業に反映させる制度。現在公開されている同事業の動画は、環境影響評価書を作成するための準備書の内容を説明したもの。工事中の温室効果ガス排出量や工事に伴い改変される帷子川親水緑道周辺の動物や生息環境への影響、工事中や供用時の騒音や振動・地盤変動などについて見ることができる。説明動画と準備書は2月8日まで市ホームページで公開中。また、準備書の内容に関することで、環境保全の見地からの意見の受付も、2月8日まで行われている。

 環境影響評価手続きについての問い合わせは横浜市環境創造局環境影響評価課【電話】045・671・2495、準備書や事業計画については市道路局建設課(鉄道交差調整担当)【電話】045・671・2792、都市計画手続きや説明会については市建築局都市計画課【電話】045・671・2657へ。説明動画は【URL】https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/toshikeikaku/tetsuduki/kankyo/kankyo.htmlで閲覧することができる。

旭区版のトップニュース最新6

「重忠ブランド」を募集

旭区

「重忠ブランド」を募集 文化

来年「大河ドラマ」を好機に

10月21日号

住宅地、上昇傾向に

旭区内基準地価

住宅地、上昇傾向に 経済

商業地は堅調

10月21日号

独自バッジで接種PR

理容組合旭支部

独自バッジで接種PR 社会

コロナ禍で取り組み模索

10月14日号

前年に比べ半減

旭区内熱中症搬送

前年に比べ半減 社会

猛暑日少なく気温 影響

10月14日号

「専門性持つ多機関連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

万騎が原中 永瀬さん選抜

都道府県対抗中学バレー

万騎が原中 永瀬さん選抜 スポーツ

県代表で全国の舞台へ

10月7日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook