旭区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

今宿西町ブドウ園 今秋収穫でワイン醸造へ 初の横浜産の出荷目指す

文化

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena
秋に収穫を迎えるブドウの苗(右下)と町田さん
秋に収穫を迎えるブドウの苗(右下)と町田さん

 2020年に今宿西町に開園したワイン用ブドウ農園が今年3年目を迎え、秋の収穫で醸造を目指し準備を進めている。同園を管理するのは横浜市初のワイナリー「横濱ワイナリー(株)」=中区。代表の町田佳子さんは「横浜産ブドウのワインで地域や酒造業界を盛り上げたい」と語る。

 約3000平方メートルの土地にある同園。開園した20年と21年の2回に分け、470本の苗が植えられている。20年に植えた苗が今秋に無事収穫を迎えれば、初の横浜産ブドウを使用したワインが誕生となる。

 苗は1年目から実がなるが、苗を成長させるために、収穫せず切り落としてきた。「自然相手なのでまだわからないが、無事にできれば大きな成果」と町田さんは話す。

休耕地を活用

 横濱ワイナリーは果樹園を持たない都市型ワイナリーとして、17年に中区新山下に醸造場を開設。これまでは川崎市や相模原市で生産されるワイン用ブドウを使用し、神奈川県産ワインなどを出荷してきた。

 こうした活動の中で、町田さんがラジオに出演した際、取り組みを紹介したところ、「ぜひ休耕地を活用してほしい」と今宿西町の土地所有者から声がかかり、開園に至った。

 町田さんによると、市内では使用されなくなった農地が増加傾向にあるという。同園がワイン用ブドウの収穫を実現すれば、耕作放棄地を転換するモデルケースとなり、期待がかかる。

地域の助けで無農薬生育

 同園では無農薬で苗を生育。雑草の手入れなど苦労も多いが、園に出資する市内中心のオーナーを集め、雑草の刈り取りなどを行っているという。「オーナー同士が知り合いとなり、コミュニティとなっている。大変な作業も楽しみながら手伝っていただき、ありがたい」と町田さん。5月からオーナーの追加募集も予定しているという。詳細は同社HP(ホームページ)まで。

旭区版のトップニュース最新6

県・関東大会を制覇

横浜商科大高フェンシング部

県・関東大会を制覇 スポーツ

目指すは「インハイ」優勝

6月23日号

ギター全国大会で1、2位

白川きょうだい(さちが丘小)

ギター全国大会で1、2位 文化

“音楽を捉える力”が評価

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 社会

市、若年層啓発に注力

6月23日号

運動会代わりに「ダンス」

都岡小

運動会代わりに「ダンス」 社会

校舎建替工事で会場工夫

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook