港南区・栄区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢商業(現・藤沢翔陵)高校エースとして甲子園に出場、第94回全国高校野球選手権神奈川大会の始球式の投手を務める 堀江 幹夫さん 綾瀬市綾西在住 56歳

あの夏の思い出を胸に

 ○…現役時代は183cmの長身から投げ下ろす速球と鋭い変化球を武器に活躍。ストレートの球威もさることながら「カーブには自信がありました。まともに打たれたことはないんじゃないかな」とマウンドでの勝負の日々を懐かしむ。高校卒業後は日本鋼管(現・JFEスチール)野球部の主力投手として12年間プレー。都市対抗野球大会優勝など多くのタイトルを手にした。現役引退後は同社で仕事に専念。現在は関連企業の(株)谷テックで営業課長を務める。

 ○…1973年の第55回全国高校野球神奈川大会は、春の選抜大会全国優勝の横浜高校が大本命。藤沢商業の快進撃は「無欲の勝利」と評されたが「実は大会前に高熱を出してしまって。『エースがこの調子じゃ先を見る余裕はない』とチームが開き直ったのが良かったのかも」。熱が下がった後も投球の調子は戻らず苦戦を強いられたが、1点差や延長再試合などの激戦をチーム一丸で勝ち抜いた。「準決勝からはようやく腕が振れるようになった。勝つごとに成長するチームでした」。

 ○…「面白いもので、野球は勝ちを意識するとダメなんですね」と振り返るのは、甲子園2回戦の盛岡三(岩手)との戦い。「初回にウチの一番打者が右中間に完璧な三塁打。『これは大量点で勝てる』とみんな思ってしまった」。ところが、安打は出るものの得点には至らず、結局スクイズで喫した1点を取り返せず惜敗。「あの夏があったから今の自分がある。大きな財産です」と噛みしめる。

 ○…球児には真正面からの真剣勝負を期待する。「一生懸命プレーすることが応援してくれる人への恩返しになりますからね」。いまは大舞台に向けキャッチボールで肩を作る毎日。始球式のマウンドには藤沢商業当時のユニホームで上がる。「お世話になった人たちに元気な姿を見せたい。野球人生の集大成にできれば」と笑顔を見せた。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク