港南区・栄区版 掲載号:2012年10月11日号
  • googleplus
  • LINE

医療特区 7分野16事業が進行 市内経済への波及見込む

社会

 横浜市は国から「国際戦略総合特区」の指定を受け、京浜臨海部を医療分野の産業、研究開発の拠点とする取り組みを進めている。すでに複数のプロジェクトが進行中で、市では5年間で3千億円の経済波及効果を見込む。

 「国際戦略総合特区」は、次世代エネルギーやバイオなど成長が期待される産業の集積拠点の形成に対し、国が規制緩和や税制の優遇、財政・金融上の支援を行うもの。横浜市は2011年12月に、県、川崎市とともに「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」の指定を受けた。

 企業や研究所が集積している末広地区(鶴見区)と殿町地区(川崎市)、コンベンション施設が多く学会や展示会が開催されるみなとみらい地区(西区)、市立大学医学部附属病院がある福浦地区(金沢区)の4カ所を拠点に、医療分野における先端的な研究や新産業の育成を目指している。

 すでに7分野16プロジェクトが進行しており、市内のIT関連企業など、これまで医療分野での実績は少ないが優れた技術を持つ企業も多く参加している。

 このうち腹腔鏡を使った手術の際、CT・MRIの画像をもとに手術前に各患者の臓器の状態を再現できる「手術シミュレーターの開発」、小型・低価格化と現状は難しい硬度の測定を可能にし、リンパ浮腫の診断や乳がん検査などが家庭でも可能になる「超音波画像装置の開発」の2プロジェクトは、特区計画の第1号案件として認定され、各6000万円の助成を受けることが決まっている。

 「いずれも現状では同様の機器がなく、開発に成功すれば新たな市場が誕生することになる」(木原記念横浜生命科学振興財団)と関係者は期待を寄せる。市経済局では特区指定により「5年間で3000億円の経済波及効果」を見込む。

 もっとも医療分野では激しい開発競争が繰り広げられており、研究の商品化などは未知数な部分も多い。市では「新薬1つで1千億円規模の市場が生まれると言われている。1つのプロジェクトが成功すれば、中小企業の受注増や雇用の増加など波及効果も大きい」と話している。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

京急百貨店屋上にサッカー教室

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

一軒家が子育ての居場所に

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

「地元野菜のおいしさ知って」

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク