神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港南区・栄区版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

横浜市人口推計 栄区、50年後に半減 港南区は4割減少

社会

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、50年後の人口推計を公表した。市全体の人口は約2割減の301万3000人となる見通し。栄区は5万9000人(6万1000人減)と半減、港南区は12万4000人(9万1000人減)で4割減少すると推計した。

 公表されたのは、2020年の国勢調査の結果を基準人口とし、70年までの横浜市の将来人口および世帯数を推計したもの。

 公表されたデータによると栄区の人口は20年時点で12万192人。その後は毎年、減少を続け、30年に10万9255人となり、38年に9万8840人と10万人を割る。69年に5万9863人と半減し、50年後の70年には5万8659人と20年時点と比べると48・8%と半分以下になる。市内18区で見ると一番少ない人口となる見込みだ。

 70年の5万8659人のうち、0〜14歳が5311人(9・1%)、15〜64歳は2万6673人(45・5%)、65〜74歳は8298人(14・1%)、75歳以上は1万8377人(31・3%)となっており約半数が高齢者となる。

12万人台に

 港南区の人口は20年時点で21万5247人。その後は毎年、減少し、30年に20万2266人となる。その2年後に19万8994人と20万人を割る。70年には12万4420人で20年時点と比べると57・8%と4割以上人口が減少する。市内18区で6番目に少ない人口規模となる見込みだ。

 70年の12万4420人のうち、0〜14歳が1万834人(8・7%)、15〜64歳は5万9453人(47・8%)、65〜74歳は1万7954人(14・4%)、75歳以上は3万6179人(29・1%)となっており高齢者が4割以上になる推計が発表された。

 横浜市全体の人口は21年の377万9000人をピークに、減少状態に入っており、3年連続で減少している。

 各区を見ても港南区、栄区以外の市内16区のうち11区で減少すると推計。20年の人口を上回るのは、中区、西区、鶴見区、神奈川区、港北区の5区のみだ。

 市担当者は「(人口推計は)あくまでもこれまでの人口動態を将来に投影させた数字。開発などの社会的事象は考慮されていない。推計を今後の対策に生かしていければ」と話している。

  ◇  ◇  ◇

 ※将来推計人口…出生、死亡、転入・転出について、実績値の動向をもとに仮定を設け、将来の人口規模、男女・年齢構成の推移について推計を行ったもの。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

「第一(栄区〜金沢区)」トンネル貫通

環状南線釜利谷JCT

「第一(栄区〜金沢区)」トンネル貫通

関係者らが式典

5月30日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

5月30日

3機関で意見交換会

港南区・警察・消防

3機関で意見交換会

今年度初、連携を確認

5月23日

初の市決勝で健闘

丸山台中野球部

初の市決勝で健闘

準Vも県大会進出

5月23日

港南医療フェス初開催

みらい在宅クリニックら

港南医療フェス初開催

19日、ふれあい公園

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook