港南区・栄区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

合同交流会を開催した「港南区リハビリグループの会」会長 小池 悟朗さん 笹下5丁目在住 75歳

手を差し伸べることが仕事

 ○…脳梗塞などで体の自由を奪われた中途障害者。そんな人たちの助けになろうと区内8地区でリハビリ教室が開かれている。その教室をまとめ、10月15日には合同交流会を実施。5月には運動会も行うなど利用者やボランティア同士のつながりづくりに奮闘する。

 ○…新潟県村上市で生まれ、中央大学への進学と共に上京。卒業後は大手企業に入社するも転職を経て、42歳の時に下水道のメンテナンスを行う(株)オーケーサービスを立ち上げる。仕事が軌道に乗り、多忙を極める生活だったが、雑色町内会で会計の仕事を引き受けたのが地域活動の始まり。それを皮切りに環境事業推進委員連絡協議会の会長など「役職は広がる一方だった」。特に18年間にわたって会長を務めた保健活動推進員会では、区民の健康づくり全般に加え、リハビリ教室の運営に注力。どんな時もモットーである「やらなければいけないことなら、やることを前提に進める」と前向きな姿勢で地域を引っ張って来た。そういった経緯もあり、今はまとめ役の立場で活躍を続ける。

 ○…中途障害者になると生活も一変。失望から引きこもってしまうことも多いという。だからこそ「自分だけがそういう境遇になるわけではない」と繰り返し伝え、「手を差し伸べることが仕事」ときっぱり。加えてリハビリ教室には中途障害者だけではなく、さびしい思いをさせたくないと、独り暮らしの高齢者の受け入れも積極的に進める。そんな助け合いの精神も「子どもの頃は物がなく、当たり前だったから」とさらり。壮年期が多い中途障害者から見れば、独り暮らし高齢者は親世代。「お互いにいい関係なんだよ」とにっこり。

 ○…8月に胃がんが見つかり、9月に胃の大部分を切除した。自身もリハビリをする立場になって、より中途障害者の気持ちが分かったと話す。無理はしないと話しながらも「病気に負けちゃだめ」。前向きな気持ちは微塵も変わっていない。

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク