港南区・栄区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

港南消防署の署長に就任した 松田 康博さん 港北区在住 55歳

理想と現実の間で

 ○…4月1日に港南消防署の署長に就任し、165人の署員を取り仕切る。2000年と01年の2年間、同署で区民に防災や防火を呼びかける予防課長を務めており、港南区へは2度目の着任。署員には、常に自分を磨き続けることで「かっこよくあろう」と訴え、自身も「一言を大切にする」ことを心がける。

 ○…消防士としての初出動は劇的だった。1981年10月13日、午前の訓練を終え一息ついた正午過ぎに出動要請がかかる。金沢区小柴貯油施設火災と呼ばれる米軍のタンク火災。横浜の消防隊から計74隊が出動する大規模火災だった。そんな中、化学消防隊所属として最前線で作業に。「怖さはなかった」と当時を振り返るが、経験がない故のことだったと今は感じている。タンクの多くは地中に埋まっており、消火活動にあたったその足下にもタンクがあったと後で知った時は、「もし引火していたら」とドキッとしたという。

 ○…元々は東京の下町で生まれ育った江戸っ子。息子が少年野球に入ったことをきっかけに、10年近くコーチを務めるなど父親としての一面ものぞかせる。小学生を指導する際は、勝つこと以上に楽しむことを優先する。「勝つ楽しさを知るためには、まずは野球自体、練習から楽しむ事」と柔和な雰囲気そのままに語る。できないことを責めるのではなく、成長していくことを褒めることを選択する。それはまた、署長としての仕事にも相通じている。

 ○…消防は「世の中が良くなればなるほど、不要になってくる」仕事だと語る。突き詰めれば、消防も救急も出動する必要がないことが理想だという。だからこそ、そんな日がいつか来るようにと啓発活動に力を入れる。しかし、現実には減ってはいるものの火災は発生し、命を落とす人もいる。だから、訓練の手は決して緩めない。「火災ゼロ、救急ゼロのためにやるべきことがたくさんある」。今日も区民の安全を守っていく。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

渡辺 元美(もとみ)さん

横浜高校野球部の渡辺元智前監督の次女で6月に寮母生活を振り返る本を出版した

渡辺 元美(もとみ)さん

7月26日号

永野 正之さん

横浜市建築士事務所協会の港南支部長として支部の事務を担う

永野 正之さん

7月19日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月12日号

久保 浩一さん

円海山域の昆虫調査を40年近く続け、31日に港南台地域ケアプラザで講座を開く

久保 浩一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク