港南区・栄区版 掲載号:2013年6月13日号
  • googleplus
  • LINE

5月31日で開館15周年を迎えた横浜みなとみらいホールで総支配人を務める 中村 牧さん 港北区在住 53歳

女将役でホールに新風を

 ○…「人が好きで、子どもが好きで、音楽が好き。それが私の原点」。総支配人という堅い肩書にとらわれない情熱的な語り口と満面の笑顔が印象的だ。昨年8月に横浜みなとみらいホール初の女性総支配人に就任。1998年のホール開館から携わり、その後2005年から昨年まで磯子区の区民文化センター「杉田劇場」で副館長、館長を務めた。7年ぶりのホールは「開館から15年が経って大人になった印象。成熟してきた一方で、更なる魅力を届けられるよう新しい風が入ってきてもいいのかな」

 ○…総支配人の朝は事務室の花の水やりから。スタッフにお茶を入れ、一人ひとり声を掛ける。「場を和ませるのが私の仕事。風通しをよくして、自由に意見を交わせる場にしたい」。関係者には直筆の礼状やクリスマスカードを贈る心配りで「まるで旅館の女将みたいでしょ」と笑う。その気配りと行動力でいつの間にか周りが引き込まれる。

 ○…3歳からピアノを始め、横浜国大教育学部音楽科を卒業。卒業後は音楽の教員として子どもたちと向き合い、98年にホールを管轄する横浜市芸術文化振興財団に入った。杉田劇場で過ごした7年間について「あの時間があったから今の私がある。地元の人たちと朗読劇やミュージカル作ったり、毎日が新鮮で楽しかった」と振り返る。その時に得た教訓は「文化は日常にある」ということ。世界一流の芸術文化を伝えるのだけが公共文化施設の役割ではなく、市民と一緒に作り上げる日常の中から文化が育つと学んだ。

 ○…これからのホールの目標は「子どもとアジア」。子どもたちに本物の音楽に触れる機会を提供しながら、新しい試みとして、成長著しいアジアの世界的なアーティストの演奏会や交流を深めていきたいという。休日もない忙しさだが、「音楽は永遠のお友達。だからこの仕事は本当に天職よね」。その情熱でホールに新しい風を吹き込む。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

渡辺 元美(もとみ)さん

横浜高校野球部の渡辺元智前監督の次女で6月に寮母生活を振り返る本を出版した

渡辺 元美(もとみ)さん

7月26日号

永野 正之さん

横浜市建築士事務所協会の港南支部長として支部の事務を担う

永野 正之さん

7月19日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月12日号

久保 浩一さん

円海山域の昆虫調査を40年近く続け、31日に港南台地域ケアプラザで講座を開く

久保 浩一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク