港南区・栄区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

食物アレルギー5千人超 市、給食指針作り対応

 東京都の小学校で昨年12月、食物アレルギーのある児童が給食後に死亡した事故を受け、文部科学省は現在、学校給食における食物アレルギーへの対応について全国規模の調査を進めている。アレルギー疾患のある児童が増加する中、対応に追われる現場。横浜市の状況を取材した。

児童・生徒の2.8%

 横浜市が給食を実施する市内の公立小学校、特別支援学校、定時制高校に対して行った調査によると2012年現在、食物アレルギーがある児童生徒は5264人で全体の2・8%。うち半数近くは複数の食物にアレルギーを持つ。

 市では08年に国が定めた「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」をもとに11年6月、「アレルギー疾患の児童生徒対応マニュアル」を作成、市内の公立小学校はこれに基づいて給食を提供している。

 各小学校では毎年、保護者からの申し出や保健調査票などから食物アレルギー疾患のある児童を把握する。担任や栄養士らは保護者と面談し、原因となる食品や症状等を聞き取り調査した上で、個人カルテを作成。該当食材を除いて調理する除去食にするか、代わりの食材を使用する代替食にするか、弁当を持参するかなどの対応を決め、全教職員で情報共有している。

 一方、複数の児童に除去食を提供している学校の調理員は「毎日調理前に確認を行っている。アレルギーの原因となる食材に触れた手で別の食材を触らないなど、神経を使う」と話す。また、宿泊行事や校外学習では、予め宿泊先等から食事内容を取り寄せ、対応食が可能かなどを確認して、保護者と相談の上、対応を決めることになっている。しかし、自由行動も伴うこうした行事では「児童間で持参した弁当のおかずや菓子などを交換することも考えられ、特に気が抜けない」と現場では話す。

教員「注射は不安」

 万が一、重篤な全身症状(アナフィラキシー)が起きた場合には児童が所持する自己注射薬「エピペン」を教職員が注射し、救急処置を行うが、その処置をめぐっては不安を口にする教職員も少なくない。実際、東京都で起きた死亡事故では教職員がエピペンの使用をためらったことが事態を悪化させた原因の1つに挙げられている。

 横浜市では年2回、専門家からエピペンの使用法を学ぶ講習を実施。加えて各校が独自に講習を開いたり、教職員が有志で県が行う講習に参加したりして、緊急時に備えているという。

 文科省は学校給食における食物アレルギーへの対応について、全国の公立小中学校500校を対象に現在調査を進めている。調査結果は10月中にはまとまる見通しだ。

 市教委健康教育課は「まずはマニュアル通りに対応することが第一。国の調査により、新たな方針が示され、マニュアルの改訂が必要であれば考えていきたい」としている。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク