港南区・栄区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

木造住宅密集地 地震火災、10年で半減を 市“燃えないまち”に本腰

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は今後10年間で木造密集地域などの全壊焼失被害の半減を目標に、2014年度から新施策を講じる。都市計画道路の前倒し整備による延焼の分断や、建築物の不燃化、感震ブレーカー設置など、ハード・ソフト両面の強化を目指す。

重点地域を指定

 横浜市では東日本大震災を受けて地震被害想定を見直し、その被害軽減の目標と対策をまとめた「横浜市地震防災戦略」を昨年4月に策定した。想定では全壊焼失棟数を市内全体で11万2000棟と試算。火災による焼失棟数が過去の想定と比べて激増したことを受け、地震防災戦略で「火災による被害の軽減」を重点施策の1つに掲げ、今年度検討を重ねてきた。

 新方針では、今後10年間で木造密集地域などの全壊焼失棟数の半減を目指す。被害が大きいと予想される地域(左図緑から赤の地域)を中心に、重点対策地域(約1200ha)・対策地域(約3700ha)を定め、優先的に整備する。

 ハード面では道路を広くとって延焼拡大を防ぐために、汐見台平戸線(南区)など数カ所の都市計画道路を前倒しで整備するほか、建築物の不燃化をめざして延焼の危険性が特に高い「重点対策地域」で建築物を準耐火建築物以上とする新たな防火規制を導入。建築物の除去や不燃化建替えの補助も行う。

 ソフト面の対策では、地震を感知して自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」設置促進のための購入補助を14年度の早い時期から実施。また、地域防災力向上のために「スタンドパイプ式初期消火器具」の自治会町内会への普及も進める。

 木造密集地域などでの規制を伴った防火対策は既に東京都などで行われているが、神奈川県内では初。市の担当者は「『燃えにくいまち、燃え広がらないまち』実現のため、まずは10年で被害を半減させ、その後もさらなる施策を検討していきたい」としている。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter