港南区・栄区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

丸山台いちょう坂商店会が7月12日に初開催する「駅前夏祭り」の実行委員長 本間 泰輔さん 丸山台在住 35歳

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena

街の明かり 商店会で灯す

 ○…夏の商店会に並ぶ300近い絵提灯は、街の風物詩となっている。四角柱の提灯には、三面に子どもたちの描いた絵を、残り一面に商店名を入れているが、「商店会がやっているというのはあまり知られていない」のが現状だった。今年初めて、商店会のPRを目的に点灯式を企画。だがそのアイデアは次第に膨らみ、夏祭り開催にまで広がった。「うまくいかないこともあるかも。でもまずは動いてみて、『商店会が何かやってるぞ』というのを街の人に見せたい」

 ○…祭りでは上永谷駅前広場に子ども向けの屋台を並べ、パンやお好み焼きなど各商店のメニューも販売。メーンの点灯式は和太鼓演奏に合わせるなど、凝った演出も。企画は商店会の若手世代が中心。自身も積極的に他の商店主へ声をかけて巻き込んだ。「言い出しっぺってことで、こんな立場になっちゃって」と笑うが、準備を進めるうちに、商店間のコミュニケーションも活発に。これまでは住まいや家族構成さえ互いに知らなかったが、「普通の話をするようになったのは嬉しい。同じ街で働いているんだし、困ったときに助け合える関係でありたい」。

 ○…10年前から店長を務める「マルヤス港南」と同じく、藤沢市内の実家もバイク屋。二輪整備士として腕を磨いていた25歳のころ、縁あって今の店を引き継いだ。「便利できれいな街」という第一印象は、10年を経ても変わらず、「もっと若い世代が住みたくなるような、いつもにぎやかで楽しい街にしたい」。

 ○…「ヤマハのスタイリッシュなフォルムが好きなんですよ」。愛車はネイキッドタイプの大型バイク「XJR1300」。休日には3人の娘を代わるがわる乗せることも。同い年の妻・真美(まなみ)さんは、店と家庭と両面での良きパートナーで、「一緒に過ごしている時間で言うと、熟年の夫婦にも負けないですよ」。その明るい笑顔は、夏の夕べも間もなく照らす。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク