港南区・栄区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

子ども・子育て支援新制度 各区で説明会を開始 制度開始は来年4月予定

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
意見交換会では市民から活発な意見が出た
意見交換会では市民から活発な意見が出た

 2015年4月から全国的に「子ども・子育て支援新制度」の開始が予定されている。市町村が主体となって新制度を進めるにあたり、横浜市は各区で計画策定に向けた準備をスタート。港南区内では6月30日に意見交換会、7月17日に第1回目の説明会が開催された。

 新制度は12年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」(※)に基づくもの。医療や介護、年金に加えて子ども・子育て支援が社会保障の1つとして新たに位置付けられ、消費税増収分のうち、全国で約7000億円の財源が充てられることになる。

 急速な少子化の進行や核家族化による孤立・負担感、仕事との両立など、課題が多岐に渡る現代の子育て環境。同制度の目的は子どもにとって最善の利益が実現される社会にすることだ。

 質の高い学校教育や保育を総合的に提供することをはじめ、計画的な待機児童の解消、教育・保育の質的改善、地域の子ども・子育て支援の充実など、新制度では第一義的責任を保護者が有することを基本認識としながら、家庭や地域の状況に応じた支援を市町村が中心となって進めていく。

施設、利用形態を細分化

 新制度は幼児期の教育・保育を「個人への給付」として保障。認定こども園や幼稚園、保育所、小規模保育などの施設等を利用した場合に共通の仕組みで給付が受けられることになるが、利用者へ直接的にではなく、市町村から施設等に支払われる仕組みだ(法定代理受領)。

 また、新制度では、財源の給付対象となる施設を「施設型給付」、事業を「地域型保育給付」に分けて位置付け。前者には認定こども園、保育所、幼稚園が含まれ、後者には小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育が入る。細分化することで、より保護者のニーズに合った利用施設等が選べることになる。

 ただし、幼稚園は施設型給付の対象施設となるか、現行のままとするかは施設側が判断をする。

利用手続き、料金等変更の場合も

 保護者側は施設の利用手続きが変更される。子どもの教育・保育の必要性に応じて、1号から3号に分類された支給認定(上記表参照)を受け取る必要があり、

また、給付対象となる施設では申請方法と利用料金にも変更がある。

 1号認定では、利用申請を幼稚園等の施設に行うが、2、3号認定では横浜市に申請する。利用料金においては、給付対象施設の場合、所得に応じた負担(応能負担)が基本となり、国の決める水準を上限に横浜市が設定するという。

市民の意見聞き来春計画策定へ

 現在、市では各区の意見交換会で出された市民からの意見もまとめ、計画を詳細まで詰めている段階。今年10月には、15年度分の支給認定申請受け付けをスタートし、11〜12月にかけてパブリックコメントやフォーラムを実施。15年3月に計画を策定する方針だ。

 17日に開催された説明会に出席した市民からは、「給付対象の幼稚園がまだ決まっていないのか」「利用料金はどうなるのか」など、新制度への不安の声も聞かれた。市では8月にコールセンターを開設する予定。詳細は市こども青少年局のHP(ホームページ)(「新制度 横浜」で検索)で掲示する。

※「子ども・子育て関連3法」…【1】子ども・子育て支援法【2】認定こども園法の一部を改正する法律【3】関係法律の整備等に関する法律の総称を指す

港南区・栄区版のトップニュース最新6

市内で「はがき」詐欺急増

市内で「はがき」詐欺急増 社会

架空の公的機関装う手口

7月18日号

ひまわり畑きょうから

上大岡駅東口

ひまわり畑きょうから 文化

開花遅れ、ピークは来週以降か

7月18日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

まち歩いて歴史をかるたに

市民グループ

まち歩いて歴史をかるたに 文化

ワークショップで読み札づくり

7月11日号

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

7月4日号

都市マス改定原案を公表

栄区

都市マス改定原案を公表 文化

「空家対策」「森の魅力」など追記

7月4日号

宅地開発50周年お祝い

港南区日限山

宅地開発50周年お祝い 社会

全3000戸に郷土誌を配布

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク