港南区・栄区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

笹下連合町内会の会長に就任した 荻久保賴則(よりのり)さん 港南在住 65歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

楽しむ気持ちで地域活動

 ○…笹下連合町内会の会長となってまもなく4カ月。対外的な仕事の多さに苦笑するが、副会長として長く支えてきたこともあり、会長職に気負いはない。12自治会町内会、6900世帯をまとめる立場だが、「仲間と一緒に楽しく活動できれば」とあくまで自然体だ。

 ○…代々この地に続く家に生まれる。大学卒業後にサラリーマンとなるが、しばらくして不動産会社「荻久保商事」を設立、今に至る。元々、地の人間だったため、西松本町内会を手伝うようになり、そのまま会長に。今年で22年目を迎えたが、地域の公園にホタルを復活させようと取り組み、今では住民の憩いの場となるなど、持ち前の行動力を発揮してきた。一方、(公社)神奈川県宅地建物取引業協会の役員など公職も多く、多忙な日々。趣味のゴルフや旅行もできないそうだ。

 ○…「みんなで遊ぼうって考えなんだ」。4月の港南桜まつりなど大きな行事が数多い笹下連合。準備など苦労もあるが、多くの役員やボランティアが活動を支える。その根底にあるのは「地域のことを良くしたい」という思いだけではない。自らが楽しんで活動する空気が笹下にはある。毎年7月に南台小学校で一泊する小学生対象の防災体験キャンプ。初開催だった2000年には76人だったボランティアも今年は154人が参加した。「ボランティアが楽しくなければ、その行事は失敗という事」。きっぱりと断言する姿に、地域活動に対する信念が見て取れる。

 ○…「何かをやって失敗するのは仕方ない。ただ、やらないで後悔するのは嫌」。後悔という言葉は自分にはないと断言するなど話す言葉はポジティブなものばかり。そんな姿勢で地域活動に参加し、また、周りを引っ張ってきた。各自治会町内会には、役員の高齢化が進むなど課題もある。それでも地域行事を手伝ってくれるボランティアの存在を念頭に「みんなが楽しめる地域になればいいね」といつもの笑顔で答えた。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク