港南区・栄区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

横浜市 女性登用目標、達成困難に 課長級以上11.5%に留まる

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 政府が「女性の活躍推進」を成長戦略の柱の1つに掲げる中、横浜市では係長級以上などの責任職における女性割合が2割に満たないことがわかった。市は女性責任職の登用について、来年度初めまでの目標値を設定しているが、「ここ数年の伸びを考えると達成は難しい」としている。

 市は男女共同参画条例に基づき、行動計画を定めており、現在は2011年度から15年度までの第3次計画を推進している。

 市の女性職員数は2013年4月1日現在、全職員2万6399人に対し、9382人で35・5%。そのうち係長級以上は19・8%、課長級以上は11・5%と2割に届いていない。第3次計画では、課長級以上の目標値について、15年4月1日時点で15%を掲げているが、10年の第3次計画策定時が9・1%だったことから、現実的に目標達成が厳しい状況となっている。

 現状について市男女共同参画推進課は、「昇任時に育児や家事の負担など、不安が先に立つ職員は多い。女性はこうするものという社会の認識がまだ強い証拠だと感じる」と分析する。

 自身も責任職として勤務する同課の平沼英子課長は「昔に比べ、家庭との両立のための制度は整っているが、男性の育休取得など、改善のためには複合的な問題も絡む。まず、管理職の私たちが楽しく働く姿を見せることも重要」と話す。

事業所は改善傾向

 一方、総務省の経済調査をもとに、市がこのほどまとめた市内事業所の男女共同参画調査では、前回2010年と比べ、係長・主任から取締役の各クラスで女性管理職が3・6ポイントから4・9ポイント増加。市は「まだ少ないが、過去と比較して増えている」としている。

 市はこうした状況を踏まえ、実際に管理職として働く女性職員の話を聞く庁内プログラムや、個別に相談の場を設けるなど、意識向上に取り組むが、大幅な改善には至っていない。同課は、「責任職は誰でもなれるわけではなく、経験も必要。まずは係長を増やさなくては」と、長期的に取り組む考えを示す。

国へ提言も

 政府はこのほど、女性登用促進のため、企業や自治体に行動計画を求める新法を制定する方針を固めているが、市はこれを「国と連携するチャンスだ」ととらえる。

 現在、林文子市長が、政令市で構成される指定都市市長会の会長を務めており、自治体側から女性登用に関して国に提言していくことも考えているという。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

親子で楽しむ郷土史発行

港南歴史協議会

親子で楽しむ郷土史発行 文化

全頁にイラストや写真

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

静かにゆったり20周年

青空太極拳の会

静かにゆったり20周年 スポーツ

健康づくり、交流の場

11月19日号

大津前団長の受章祝う

港南消防団

大津前団長の受章祝う 社会

春の叙勲で瑞宝単光章

11月12日号

子と保護者に手話を

聴覚障害児支援

子と保護者に手話を 社会

県の事業、栄区内で始まる

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク