港南区・栄区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

NPO法人「ひだまりの森」理事長として子育て期の相談を受ける 林 順子さん 日野南在住 55歳

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

人の持つ力信じて

 ○…年間で約1500件の電話相談を受ける。相談のテーマは「子育て」ではなく、あえて「子育て期」。悩みの主役は育児中の親自身だからだ。相談内容は育児疲れ、子どもの発達の不安、ママ友、夫、学齢期などさまざま。「話すときは『お母さん』ではなく『あなた』と呼ぶ。”私”を大切にして、何が一番辛いのかを明確にするんです」

 ○…長女に軽度の知的障害があったことが、活動の原点。「子どものマネジメントに徹するつもりだったけれど、私自身を大切にする時間もほしいと思った」。通信教育でカウンセリングの勉強を始め、最初は躊躇した仕事も、夫の一声と周囲のサポートで始めることに。そんな折、偶然見つけたのが横浜市乳幼児家庭教育センターの相談員募集のチラシ。子育ての相談を受ける業務に就いたのが活動の始まりだった。「娘の障害がなかったら、今の仕事に就いていなかったかも」とほほ笑む。「私は恵まれていたけれど、子どもの障害を受け入れられず苦しんでいる人もいる。支え合い、受容できる場が必要」と経験から実感する。

 ○…乳幼児家庭教育センターの相談員の中で子育て経験を持つ有志が集まり、親子遊びなどのボランティアを開始したことがきっかけで06年にメンバー4人でNPO法人「ひだまりの森」を設立。市男女共同参画推進協会から受託する形で「子育て期の相談事業」を始めた。10年からは独立して相談室を設け、週4日無料の電話相談を受ける。専門相談、子育て支援者向けの講座も開催するなど、活動範囲は幅広い。

 ○…相談の目標は解決ではない。「私たちが強制するのではなく、親の力で前に進む。決断した瞬間は鳥肌が立つこともある。『助けたい』なんておこがましい。むしろ『教えてもらって、ありがとう』と思う」。この活動経験で、自身の子どもを客観的に見る目も養った。人の持つ力を信じ、今日も受話器を握りしめる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク