港南区・栄区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

仲澤さん平久井さん 2本のバトンで世界へ カナダで国際大会に出場

スポーツ

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
仲澤さん(右)と平久井さん
仲澤さん(右)と平久井さん

 杉浦紀子バトンスタジオ(港南台)に所属する仲澤友莉菜(ゆりな)さん(栄区在住/湘南学院高3年)と平久井(ひらくい)愛由(あゆ)さん(金沢区在住/金沢高3年)が、8月5日からカナダで開催される「第8回WBTFインターナショナルカップ」に日本代表として出場する。2人は2年前の前回大会では3位となっており、今大会では悲願の優勝を目指す。

 同大会は、世界バトントワリング連合(WBTF)が2年に1度開催しているもので、欧米諸国や南アフリカなど加盟23カ国の選手が出場予定。第8回となる今大会は8月5日から9日まで、カナダのアボッツフォードにて開催される。

 仲澤さんと平久井さんはアーティスティックペア・シニア部門(18〜21歳)に出場。仲澤さんはさらに個人の「トゥーバトン」部門でも世界の頂点を目指す。

前回大会は3位

 同ペアは前回13年オランダ大会・ジュニア部門にも出場し、1位を目標に臨んだが結果は3位に。「会場の声援に圧倒されて、慌ただしい演技になってしまった。満足のいくものではなかった」と平久井さんは当時の悔しさを明かす。

 一方で、初の海外大会出場は大きな経験にもなり、「また出場できるようにと、この大会を目標に練習してきた。話し合いも増え、お互いに対する理解は深まっているはず」と仲澤さんは笑顔を見せる。

7年間のペア歴

 2人は3歳の時、同時期に同スタジオに入り、08年からペアを組み始めたという。平久井さんは「(仲澤さんは)思っていても言えていないことがあると思う。でも一緒にいて、そういう性格も分かってきた」と話し、仲澤さんも「愛由ちゃんはいつも頼りになる。良い意味で、はっきりと言ってくれる」と信頼を寄せる。

 長年2人の指導を続ける杉浦紀子さんは「息の合った演技は、長年ペアを組んでいるだけあってさすが。厳しく指導もしてきたけど、目標にしてきた大会で良い思いをしてもらえたら」とエールを送った。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月24日号

話題映画に作品提供

港南・栄書道教室

話題映画に作品提供 文化

アニメ「漁港の肉子ちゃん」

6月24日号

丸尾・宇津木ペア 県優勝

全日本小学生ソフトテニス

丸尾・宇津木ペア 県優勝 スポーツ

武岡さんも全国へ

6月17日号

上大岡駅前に交付拠点

マイナンバーカード

上大岡駅前に交付拠点 社会

ミオカ2階に29日開設

6月17日号

2年ぶり開催へ

上郷あじさい祭り

2年ぶり開催へ 文化

約3,000本が咲き誇る

6月10日号

栄FC 13年ぶり関東へ

サッカーU-15県大会

栄FC 13年ぶり関東へ スポーツ

3度のPK戦制す

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter