港南区・栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

キクシマ主催デザインコンペ 「楽しくする」3作品、街へ 1月の設置に向け製作

文化

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
(左から)受賞した長崎さん、久万さん、アルマザンさん(右端は菊嶋社長)
(左から)受賞した長崎さん、久万さん、アルマザンさん(右端は菊嶋社長)

 総合建設業の(株)キクシマ(港南台/菊嶋秀生社長)が開催した「まちを楽しくする」デザインコンペの優秀賞3作品が11月2日の公開審査で決定した。3作品は今後、同社の協力のもとで製作され、2016年1月ごろから半月ほど、横浜都心部に仮設展示される。

 このデザインコンペは、今年創業50周年を迎えた同社の記念事業。横浜都心部に賑わいを創出することを目的に、「まちを楽しくする」というテーマのもと、ベンチなどの「ストリートファニチャー」(屋外設置物)を対象に実施された。10月の1次審査には111作品が集まり、11作品が通過。11月2日には公開プレゼンテーションという形式で最終2次審査が行われ、優秀賞3作品、佳作8作品が決定した。

 優秀賞3作品には、(株)アトリエハレトケ一級建築士事務所(東京都大田区)で代表取締役を務める長崎辰哉さんの「『みんなの輪』〜樹の下の『からみ合い』〜」、慶應義塾大学ホルヘ・アルマザン研究室(港北区)の「Three Hundred Chairs」、デザイン事務所「デザインピープル」(中区)の久万(くま)奈都子さんの「いぬの停留所」が選ばれた。

楽しいを創る3アイデア

 長崎さんは「樹と人の距離を近づけることと、街なかに人のくつろげる場所を作ること」をコンセプトに、街路樹を取り巻く形でベンチを配置。「樹を背に座るだけでなく、さまざまな方向を向いて座れるので、色んな人やものとの出会いのきっかけの場にもなれば」と狙いを明かす。

 アルマザン研究室の作品では、文字通り300もの椅子を配置。学部生ら17人のメンバーを率いるアルマザンさんは「出会いやコミュニケーションといった『活動』をデザインした。椅子は固定せず、動かせることがポイントで、なるべく多く並べることで活気が生まれる」と期待を込める。

 久万さんは、自身の散歩コースでもある山下公園や元町の商店街への設置をイメージ。「ウオーキングは健康増進の面でも注目されているけど、自然と歩きたくなるような楽しい街並みになれば。また犬を連れている人には『歩いていいんですよ』というサインにもなる」とポイントを語っている。

 飯田善彦審査委員長は「民間企業によるこのようなコンペはなかなかない。来年以降も続けてもらえたら」と話していた。

優秀賞に輝いた3作品(左から、みんなの輪、Three Hundred Chairs、いぬの停留所)
優秀賞に輝いた3作品(左から、みんなの輪、Three Hundred Chairs、いぬの停留所)

港南区・栄区版のトップニュース最新6

動画で「思いやり」呼びかけ

豊田小垣崎校長

動画で「思いやり」呼びかけ 文化

コロナ乗り越える「ツールに」

6月4日号

ハンドソープを寄付

横浜港南RC

ハンドソープを寄付 社会

区内の子ども施設99カ所へ

6月4日号

企画展をウェブで公開

あーすぷらざ

企画展をウェブで公開 文化

休館受け、職員が初の試み

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

食育活動15年に終止符

【Web限定記事】

食育活動15年に終止符 教育

栄区の子ども支援農園

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク