港南区・栄区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

キクシマ主催デザインコンペ 「楽しくする」3作品、街へ 1月の設置に向け製作

文化

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
(左から)受賞した長崎さん、久万さん、アルマザンさん(右端は菊嶋社長)
(左から)受賞した長崎さん、久万さん、アルマザンさん(右端は菊嶋社長)

 総合建設業の(株)キクシマ(港南台/菊嶋秀生社長)が開催した「まちを楽しくする」デザインコンペの優秀賞3作品が11月2日の公開審査で決定した。3作品は今後、同社の協力のもとで製作され、2016年1月ごろから半月ほど、横浜都心部に仮設展示される。

 このデザインコンペは、今年創業50周年を迎えた同社の記念事業。横浜都心部に賑わいを創出することを目的に、「まちを楽しくする」というテーマのもと、ベンチなどの「ストリートファニチャー」(屋外設置物)を対象に実施された。10月の1次審査には111作品が集まり、11作品が通過。11月2日には公開プレゼンテーションという形式で最終2次審査が行われ、優秀賞3作品、佳作8作品が決定した。

 優秀賞3作品には、(株)アトリエハレトケ一級建築士事務所(東京都大田区)で代表取締役を務める長崎辰哉さんの「『みんなの輪』〜樹の下の『からみ合い』〜」、慶應義塾大学ホルヘ・アルマザン研究室(港北区)の「Three Hundred Chairs」、デザイン事務所「デザインピープル」(中区)の久万(くま)奈都子さんの「いぬの停留所」が選ばれた。

楽しいを創る3アイデア

 長崎さんは「樹と人の距離を近づけることと、街なかに人のくつろげる場所を作ること」をコンセプトに、街路樹を取り巻く形でベンチを配置。「樹を背に座るだけでなく、さまざまな方向を向いて座れるので、色んな人やものとの出会いのきっかけの場にもなれば」と狙いを明かす。

 アルマザン研究室の作品では、文字通り300もの椅子を配置。学部生ら17人のメンバーを率いるアルマザンさんは「出会いやコミュニケーションといった『活動』をデザインした。椅子は固定せず、動かせることがポイントで、なるべく多く並べることで活気が生まれる」と期待を込める。

 久万さんは、自身の散歩コースでもある山下公園や元町の商店街への設置をイメージ。「ウオーキングは健康増進の面でも注目されているけど、自然と歩きたくなるような楽しい街並みになれば。また犬を連れている人には『歩いていいんですよ』というサインにもなる」とポイントを語っている。

 飯田善彦審査委員長は「民間企業によるこのようなコンペはなかなかない。来年以降も続けてもらえたら」と話していた。

優秀賞に輝いた3作品(左から、みんなの輪、Three Hundred Chairs、いぬの停留所)
優秀賞に輝いた3作品(左から、みんなの輪、Three Hundred Chairs、いぬの停留所)

港南区・栄区版のトップニュース最新6

港南区「住み続ける」76%

市民意識調査

港南区「住み続ける」76% 社会

栄区は「転居する」23%

5月7日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

読書活動で文科大臣表彰

栄区豊田小

読書活動で文科大臣表彰 教育

住民も読み聞かせで協力

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

文化事業も徐々に再開

ラポール上大岡

文化事業も徐々に再開 文化

アーティスト招き企画も

4月22日号

小学生将棋の頂点へ

小菅ケ谷小佐々木君

小学生将棋の頂点へ 文化

4月25日 決戦大会

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter