港南区・栄区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

永谷地区社会福祉協議会の会長として「永谷たすけあい広場」を運営する 若林 諭さん 芹が谷在住 66歳

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena

生きがい持つ人生を

 ○…永谷地区社会福祉協議会の福祉ネットワーク事業の拠点となる「永谷たすけあい広場」。「福祉ネットワークという事業すら中身が分かりづらい。拠点を作れば活動も見えるようになり、情報網もできるはず」と思い立ち、自身の所有する物件を活用し、運営しはじめた。「地域での人とのつながりが希薄に感じる。子育て中の親やお年寄りなど、世代や立場を超えて人々が集まってほしい」

 ○…福祉ネットワークは、日常の困りごとを住民間で解決に向けて動くボランティア活動だ。拠点は相談窓口としてだけではなく「自分も地域で役に立ちたい」と意欲を持つ人が訪れるボランティアセンターとしての機能も見込む。「だから”たすけあい”という名前。誰もが孤立せず、生きがいを地域で見つけられたら」と強い願いを込める。

 ○…芹が谷で約400年続く家に生まれ、永野小から南が丘中(南区別所)、南高と地元で学び育った。「完全理系」と称するように、ゼロからモノを作るのが好きで建築士になった。会社員として住宅や店舗の設計など幅広く手がけたのち、44歳で独立。会社を辞めて間もなく、同級生に誘われて地区社協と芹が谷町内会の活動に携わるように。地区社協では会計、事務局長を経て8年前から会長を務め、芹が谷町内会では会長10年目だ。「気づいたら深みにはまっていた」と苦笑しつつも「ボランティアは楽しくなければ続かない。子どもや孫のために地域を良くしたいと思うと、何かしたくなる。自分のためが人や地域、次世代のためになる」。

 ○…自分の気持ちに嘘をつかないのが信条。「だから真実を言う。言ったらやらなければいけないし、すぐではなくても、不思議といずれ実現するんだよね」。趣味の領域に入りつつある、地区社協の活動。「やりたいことを常に探して、生きがいを持って生きられたら」。自分自身と、地域へ発する素直な気持ちだ。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

森 博子さん

「港南台 街&暮らし白書づくりプランナーズ会議」の代表としてこのほど白書を完成した

森 博子さん

港南台在住 77歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

1月1日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

守 民夫さん

芹が谷やまゆり園の園長としてこのほど新園舎への移転を完了した

守 民夫さん

港南区芹が谷在勤 50歳

12月23日号

有友 フユミさん

「お互いさまねっと公田町団地」の代表として多目的拠点を運営する

有友 フユミさん

栄区公田町在住 75歳

12月16日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook