港南区・栄区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

丸山台商店会のメンバーとして、いちょう坂ハロウィン2016の実行委員長を務める 笠井 勇人さん 戸塚区在住 49歳

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena

ホームタウンに賑わいを

 ○…丸山台商店会がホコテンに並ぶイベントとして位置づける「いちょう坂ハロウィン」が2回目の開催を迎える。まち全体を使う催しは、「まちで話題になることも増えてきた。商店会活動が少しずつ浸透してきたのかな」と手応えにつながっている。それでも「さらにイベントとして定着させて、まちの外からも人が遊びに来るように盛り上げていけたら」と力を込める。

 ○…取締役を務める(株)マイホーム・スタジオのオープンがきっかけで2013年に丸山台の一員になった。翌年、商店会の若手を中心に開催した「駅前夏祭り」を機に定例会にも参加するように。商店会の役員は現在、30代から40代が中心となっているため、「自分より一回り年下のメンバーもいる。若者がやろうとしていることには反対するんじゃなく、全力でサポートするのがおやじたちの務め」と自身の役割を語る。メンバー同士は飲みに行くことも多く、「若者からパワーをもらってる」とコミュニケーションも楽しみの1つだ。

 ○…生まれ育ったのも横浜。「地元の神社の秋祭りや戸塚の祭りは、普段とはちがうにぎわいがあってわくわくした」。地域でのイベントの楽しさは身をもって知っている。高校卒業後に店舗施工管理の仕事に就くと、横浜や都内のアパレル、飲食店の立ち上げに携わった。不動産会社での約20年間を経て、かつての上司とともに立ち上げたのが今の会社。FPなどの資格も取得したのは、「お客さんの安心のためになんでも相談に応えられるようでありたいから」。その思いが信頼の基礎になっている。

 ○…長男、長女とは食事に出かけたり、デートをしたりするほどの親子仲。だが子どもたちも10代後半になり「最近は忙しくてあまり遊んでくれない」とその成長は嬉しさ半分、寂しさ半分。高校以来旧知の仲の妻には「家族はみんな頭が上がりません」と笑って明かす。思いやり溢れるマイホームが日々を支えている。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

春木 磨碑露(まひろ)さん

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役

春木 磨碑露(まひろ)さん

港南区日野在勤 43歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook