港南区・栄区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

永谷地区 寺跡地にふるさと村構想 住民らが助成活用し活動

文化

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
下永谷1丁目の対象地
下永谷1丁目の対象地

 後世に地域の歴史を伝える場所「永谷ふるさと村」を作ろう――。永谷地区の住民らのグループが現在、こんな活動に取り組んでいる。下永谷の寺跡地の高台に行き場を失った石像を安置し、永谷地区の歴史の学び場を作ろうという。

 村づくりに取り組んでいるのは、永谷地区の各連合町内会とNPO法人港南歴史協議会のメンバーらで構成する「永谷ふるさと村」設立準備委員会(武田信雄会長)。事務局長を務める土屋清敬さん(74歳)は「地域の歴史を伝えなければならない。私の代でなんとかしたい」と話す。

 永谷地区(下永谷、上永谷、丸山台、日限山、芹が谷、東永谷、東芹が谷)には、約2000年前の弥生時代から人が住んでいたという記録がある。地区内には殿屋敷遺跡やそとごう遺跡などの遺跡があり、石像物が85体あるという。

 ただ、宅地開発や道路整備などで、こうした歴史遺産が消失するケースや行き場を失うケースがある。同委員会によると、約400年前から戦後まで様々な時代に作られた石像物12体が行き場を失い、保管された状態になっているという。

 この事態に地域住民らが中心となって組織を発足。横浜市の助成事業「ヨコハマ市民まち普請事業」を活用して、歴史を伝える「永谷ふるさと村」づくりに乗り出した。対象地は下永谷1丁目の600平方メートルの更地。光安寺(戸塚区平戸町)が所有し、昭和27年に廃寺となった旧「光照院明遍寺」跡地。

 同委員会が提案する計画では、対象地を「歴史物保存エリア」「知るエリア」「勉学エリア」の3つに区分する。保存エリアには行き場を失った石像物を安置し、由来を説明する表示板を設置する構想。知るエリアには歴史遺産があった場所を示す大型の地図を設置し、勉学エリアには展示物を設置して地域の生い立ちを学ぶ場としたい考え。

 来年1月末の2次審査を通過すれば、最高500万円助成される。同委員会では整備費に充てる計画。

 土屋さんは「地域の歴史を知らない住民がほとんど。歴史を伝える人も少なくなった。ふるさと村を学びの場、地域の人たちが交流できる場として整備していきたい」と話している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

戸塚さんがパラ聖火参加

日野中央高等特別支援学校卒業生

戸塚さんがパラ聖火参加 文化

「無事に走れ良かった」

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

小野塚さんが全国5位

小学生空手選手権

小野塚さんが全国5位 スポーツ

「道場の仲間がいたから」

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

路上生活者の映画公開

港南区出身飯田基晴さん

路上生活者の映画公開 社会

ホームレス差別に反論

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook