港南区・栄区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

日本代表3人 バトンの国際大会へ 港南台のスタジオから選出

スポーツ

(左から)齋藤君、仲澤さん、平久井さん
(左から)齋藤君、仲澤さん、平久井さん
 港南台の杉浦紀子バトンスタジオに所属する3人が、9日からクロアチアで開かれるバトンの国際大会「第9回WBTFインターナショナルカップ」に日本代表として出場する。

 同大会は2年に1度開催されているもので、同スタジオの仲澤友莉菜さん(栄区在住・20歳)と平久井愛由さん(金沢区在住・19歳)のペアは2013年大会から3大会連続の出場となる。ペア10年目になる2人は「練習してきたことを本番の舞台でもノーミスで披露し、しっかりと表現したい」(平久井さん)、「初出場の時より前回の方が落ち着いて臨めた。3度目なので納得できる演技をしたい」(仲澤さん)と話す。

 今大会は2人でアーティスティックペア・シニア部門に出場し、仲澤さんは2本のバトンを使うトゥーバトン・シニア部門にも出場する。仲澤さんは「自分のことだけでなく、ペアを思いやりながら大会期間中の集中力をコントロールしたい」と語る。

 また同スタジオからは、今回初めて齋藤晟君(港南中学校1年)も日本代表に選出され、トゥーバトン男子ジュニア部門に出場する。姉の影響で3歳からバトンを始めたという齋藤君は、これまで壮行会で仲澤・平久井ペアを見送ってきたが、「いつか自分も一緒に行きたいと思っていた。順位だけでなく、表現にもこだわりたい」と意気込む。

 スタジオを主宰する杉浦紀子さんは「3人とも、日本の代表として恥ずかしくない、しっかりとした演技を世界の舞台で見せてほしい」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

全国でも稀有な囲碁人気

栄区

全国でも稀有な囲碁人気

1月18日号

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

新免許試験場、5月開業へ

いのち輝く社会  実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月4日号

移動情報センター開設

港南区社協

移動情報センター開設

1月4日号

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

2月3日(土)税の無料相談会

13時~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食と工芸の「大九州展」

京急百貨店

食と工芸の「大九州展」

鹿児島特集

1月24日~2月1日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク