港南区・栄区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く 尾上 陽子さん 藤沢市在住 63歳

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

大空の下のびのび保育を

 ○…”園舎のない幼稚園”として活動を続けてきた「NPO法人こどもの広場もみの木」が今春20周年を迎える。あす9日から11日まで栄区民文化センターリリスで開く子どもたちの作品展「てんてんてんらんかい」も今回で20回を数える。これまで同園から巣立って行った子どもたちは145人。「子どもたちと過ごした時間は、なにものにも代え難い宝物です」と感慨深げな表情で語る。

 ○…園舎を持たず、保育は舞岡公園や上郷森の家など屋外で保護者と共に取り組んできた。雨が降れば合羽を着て散策し、暑い日には思いきり水遊びを楽しむなど「自然に密接した保育」がモットー。設立のきっかけは関わっていた保育グループの解散だった。「残ったのは5歳児が7人。この子たちの関係を途絶えさせて良いのか」と葛藤する中、保護者から「屋外保育」の共同運営を提案された。費用を抑え、子どもたちは自然に触れながら成長できる――。「子どもたちは今までと変わらず過ごせるし、保護者からもいつも子どもを見守れると喜ばれた」。それが今に続いている。

 ○…社会人になるまで幼児教育とは無縁の生活だった。転機は親友の出産。「彼女が子育てに奮闘する姿を見て『子どもっていいなあ』と思って」。それ以来、OL業のかたわら保育の勉強を始め、資格を取得。26歳で幼稚園の教諭に。「新人の頃は失敗ばかり。でも、いつも保護者の方々が励ましてくれた」と振り返り、園長となった現在も、「お母さんたちへの感謝と尊敬の気持ちを忘れない」。

 ○…夫と二人暮らし。「子どもがいない私にとって、この子たちは自分の子同然」と、園児を慈しむ姿は優しさに溢れている。今でも卒園生との交流は続いており、「みんなそれぞれの人生を立派に歩んでいて嬉しい」とにっこり。「これからもずっと子どもたちの成長を間近で見届けていきたい。もっと頑張ります」と目を細めた。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月19日号

植木 美子さん

活動10年でこのほどNPO法人化した「てとてと陽だまり」の代表を務める

植木 美子さん

芹が谷在住 49歳

5月12日号

吉田 俊介さん

4月に40周年を迎えたサッカーチーム「横浜栄FC」代表を務める

吉田 俊介さん

磯子区出身 43歳

5月5日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

日限山在住 70歳

4月28日号

飯島 俊朗さん

4月1日付で栄消防署の署長に就いた

飯島 俊朗さん

栄区飯島町出身 59歳

4月21日号

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

5月に50年を迎える全日本新芸書道会の会長を務める

遠藤 吟翠さん(本名:遠藤 敦さん)

東永谷出身 57歳

4月14日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook