港南区・栄区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く 酒井 茂さん 港南区野庭町在住 66歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

「認められる」を意欲に

 ○…まちなかの植物にフォーカスした油彩画の展覧会を中区のギャラリーミロで4月2日から開く。個展は2年に1回開いており、今回で3回目になる。「花々や草木は季節や天候、時間帯によって表情を変える。こちらの心持ちもあるかもしれないけれど、自分の感性でビビッときたものを描き貯めてきた」。写真とは異なる油彩画ならではのアレンジを加え、初期衝動にこだわって作品を仕上げる。

 ○…5年前、妻の勧めで久しぶりに出品した作品が横浜美術協会主催の「ハマ展」で入選を果たしたことが制作活動再開のきっかけとなった。同展では4年連続で入賞し、2016年には洋画部の横浜市長賞に輝いた。多忙な仕事を理由に、しばらく制作活動から離れた時期もあったが、「やっぱり人に作品を認められるというのは嬉しいもの」。作品を仕上げる意欲に再び火がついた。「生き生きとしたものの中に垣間見える危うさや、廃れたように見えるものの中に光るプライドのようなものに惹かれる」

 ○…北海道の日高地方出身。高校時代に授業で描いた油絵が道内のコンクールで表彰されたことで絵の道を志すように。多摩美術大学、同大大学院を経て中学校の美術教師となり、クラス担任や部活動のほか、生徒指導専任も担った。学校が「荒れた時代」も経験し、「強く叱るだけじゃなく、生き生きとする環境や場面を作ること。第一には生徒をよく見て認め、安心感を与えることが欠かせない」。そんな優しい眼差しで生徒たちに寄り添ってきた。

 ○…港南台第一中学校などにも赴任し、個展会場で教え子たちと再会することも少なくない。「上は50代から下は高校生まで。何年経っても不思議と当時の関係にタイムスリップできる」とそのひとときも楽しみの1つだ。今も豊田中学校(戸塚区)で非常勤講師を続けている。「若い時に可能性を狭めないでほしい。感性は『引き出し』として、どこかで役に立つはずだから」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

當間(たいま) 智雄さん

今夏から県立地球市民プラザ「あーすぷらざ」の館長を務める

當間(たいま) 智雄さん

戸塚区在住 50歳

10月21日号

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook