港南区・栄区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川航空少年団の団長として「航空人」の人材育成に取り組んでいる 米山 潔さん 栄区飯島町在住 70歳

子どもたちの夢育てたい

 ○…「先輩たちが築き上げてきたことを引き継いできた。空の安全を啓蒙する活動としても大切」。神奈川航空少年団はボランティア活動として航空人の育成を目的に1990年に発足された。3年前の春、第7代団長に就任し、活動を取りまとめてきた。「安全に、楽しく、団員のために」が団のモットー。「子どもたちの夢を育てていきたい」と思いは熱い。

 ○…少子化の中、とりわけ団員の増員に取り組んできた。現在、団員は小学校1年生から社会人まで45人と賑やか。活動は航空業界の出身者を中心とする役員が支えている。子どもたちに興味を持ってもらおうと、活動行事はJAXA見学やパラグライダー飛行、飛行シミュレーターなど貴重な体験ばかりだ。「自分が何年もかかってきたことを、子どもたちは素直だからすぐに覚えてしまうよ」と目を細める。

 ○…「パイロットの仕事の魅力は、知らない世界をたくさん見ることができること」。東京都世田谷区出身で全日空の元パイロット。国立大に進学し、原子物理学を学んでいた2年生の時、全日空のパイロット募集の新聞広告に目が止まった。何となく受けてみると、8次試験まで通過し、3年生の夏には全日空に入社した。日本航空機操縦士協会の役員に就くまでの飛行時間は約1万5760時間。世界の空を飛び回った。

 ○…いつも子どもたちに伝えていることがある。「パイロットになるためには身体を大切にすること、学校の勉強をよくすること、友達を多く作ること。この3つがあればどの世界でも通用する」。団員の子どもたちの夢はパイロットやキャビンアテンダント、整備士などさまざま。「今の子どもたちは大きな夢ではなく、目先のことに目が向いている。大きな夢を持ってほしい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柴田 恵津子さん

28日にひまわりの郷でラストコンサートを開く

柴田 恵津子さん

5月24日号

飯田 達郎さん

横浜公演が開幕した劇団四季『ノートルダムの鐘』の主役の一人を務める

飯田 達郎さん

5月10日号

味上(みかみ) 篤さん

4月から栄消防署の署長を務める

味上(みかみ) 篤さん

4月26日号

冨田 嘉明さん

この春に栄区民文化センターリリスの館長に就任した

冨田 嘉明さん

4月19日号

前園久美子さん

NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会の理事でコンサートの開催に取り組む

前園久美子さん

4月12日号

江成 道子さん

(一社)日本シングルマザー支援協会の代表理事として一人親の自立支援に取り組む

江成 道子さん

4月5日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

IoTを経営のヒントに

横浜南法人会記念講演会

IoTを経営のヒントに

6月13日 ローズホテルで

6月13日~6月13日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク