港南区・栄区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

栄区美術家協会 小中学校に作品を寄贈 30周年記念事業の一環で

文化

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena
絵を寄贈した松崎さん(右)と生徒会長の渡部さん
絵を寄贈した松崎さん(右)と生徒会長の渡部さん

 地元の芸術家の作品に親しんで子どもたちの創造力の育成を――。栄区美術家協会が創立30周年の記念事業として、区内にある21の公立小・中学校、特別支援学校へ会員の作品を寄贈する取組を進めている。会員の松崎四郎さんが描いた絵が小山台中学校へ寄贈され、今月7日、式典が開かれた。

 全校生徒を前に「人の手では作られない自然の美しさを描くことに挑戦した作品。生徒の皆さんが一瞬でも晴れやかな気分になってもらえたら」と松崎さん。

 同会は栄区やその近郊に住む美術家や工芸家らで構成され、美術を通じて地域文化の発展に取り組んでいる。創立30年を迎えた2016年から、小・中学生に想像力を高めてもらう一助になればという思いで企画を進めてきたという。

 今後、各学校に寄贈される作品は同会が各学校の校長へ呼びかけ、年に2回行われる展覧会で出品されたものから選んでもらうという。

 同校生徒会長の渡部薫さん(2年)は「色鮮やかな絵で感動した。こんな素敵な絵を寄贈してもらう第1号として誇らしい」と話した。

 同校の石川博校長は「日々の生活に絵がある良さを生徒たちに感じてほしい」と話している。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月12日号

火災件数が昨年の倍に

港南区

火災件数が昨年の倍に 社会

消防署が注意を呼びかけ

12月12日号

中高生の文化作品ずらり

11日から

中高生の文化作品ずらり 文化

市民団体が発表の場企画

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

冬の節電「楽しんで」

栄区役所

冬の節電「楽しんで」 社会

前年同月以下でプレゼント

11月28日号

マーチング2年ぶり全国へ

下野庭小

マーチング2年ぶり全国へ 文化

小編成で「金賞」目指す

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進めざし独自開発

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク