港南区・栄区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

栄区 森の愛護会活動PRへ 後継者不足の課題も

文化

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
各市民の森の活動を報告する参加者ら
各市民の森の活動を報告する参加者ら

 栄区内の市民の森愛護会のメンバーや森づくりボランティア、行政職員らが集まって意見を交わす交流会が8日、上郷町の「横浜自然観察の森」自然観察センターで開かれた。各市民の森の活動を報告する中で、後継者不足の課題が浮き彫りとなった。

 栄区は区域の約4割が緑地で、市民の森が5カ所あり市内でトップの数を誇る。こうした自然豊かな環境を生かした施策やまちづくりに生かそうと、栄区役所が交流会を主催。飯島・上郷・瀬上・荒井沢・鍛冶ケ谷の区内5つの市民森愛護会メンバーと上郷森の会、瀬上さとやまもりの会、本郷ふじやま公園運営委員会、横浜自然観察の森友の会のメンバーが参加した。

 栄区役所の職員から2019年度の栄区の取組として、広報PRやフォトコンテストの開催、自然体験教室の実施などが発表された。

 小山内いづ美区長は「皆さんの活動とともに栄区の森が豊かになっている。保全活動や安全対策に感謝している。これまでの成果が次のステップになることを期待している」と参加者への感謝の念を示した。

 参加者からは「手つかずの場所もあったが、支援もあり、ここ数年で樹林地の整備が進んだ」「多くの人の協力で長年の活動が維持できている」といった声が上がり、森づくりが進む報告があった。

 一方で「会員が減少し、当初の半数以下となった」「愛護会結成時の設立メンバーがそのまま持ち上がり、今では高齢化が進んでいる」「無理のない部分でできる活動にしている」といった後継者不足の課題も浮かび上がった。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

夏祭りが地元に「帰る」場に

夏祭りが地元に「帰る」場に 社会

港南台の一中OB会

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

世代超え球場で記念交流

世代超え球場で記念交流 スポーツ

港南台南公園で野球とソフト

8月15日号

豊かな自然、写真作品に

栄区

豊かな自然、写真作品に 文化

フォトコンテスト開催

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月8日号

3選手が世界大会へ

杉浦紀子バトンスタジオ

3選手が世界大会へ

4日からフランスで

8月1日号

児童が地域の祭りに初出店

庄戸小6年2組

児童が地域の祭りに初出店 経済

地域の活性化めざし

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク