港南区・栄区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

田谷町内会 冷蔵庫に「救急情報」 キットを全戸配布

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
加藤会長(左)と田辺所長
加藤会長(左)と田辺所長

 栄区の田谷町内会(加藤重雄会長)がこのほど、家族のかかりつけ医や持病といった救急搬送の際に役立つ情報を記入する「救急医療情報キット」を全500戸に配布した。救急搬送が必要な本人が意識を失っているケースや話せないケースでも迅速に対応できる環境を整えるのが目的。同町内会では活用を呼びかけている。

ステッカーが目印

 同町内会が配布したキットの容器は直径約6センチ、長さ約22センチの筒状のもの。中のA4用紙には家族一人ひとりの氏名、生年月日、血液型、持病・病歴、アレルギーなどの情報のほか、かかりつけの医療機関や介護情報、緊急連絡先の情報を書き込み、冷蔵庫内のボトルラックに保管する仕組み。冷蔵庫はたいてい一家に一台あり、災害時でも中身が守られる可能性が高いため、保管場所として最適だという。

 キットの使用を認識できるステッカーも配布。救急隊が駆けつけた際にスムーズに活用できるように玄関と冷蔵庫に貼ってもらうという。

子どもにも対応

 全国の自治体で同様の取組が進み、市内では栄区や南区でも取り組んでいるが、独り暮らしの高齢者や障害者を対象としているケースが多い。町内会が独自にキットの配布を行うケースは少ないという。

 「小さな子どもとお母さんが家にいて、例えばお母さんが倒れた場合、子どもから話を聞くのは難しい。こうしたケースも想定して役立つ情報が必要」と加藤会長。

 同町内会では栄消防署と連携することで取組を実現。各家庭で活用しやすくするため、消防署の職員と相談しながら救急搬送に最低限必要な情報にまとめたという。

 地元の同署豊田消防出張所の田辺政之所長は「情報があることによって搬送時の現場滞在時間が短縮できる。スムーズな救急医療体制ができると心強い」と話している。

 加藤会長は「地域防災拠点の役員を務めていることもあり、自分の地域でモデルとして実施してみた。これからも防災・防犯の面で様々な取組を進めていきたい」と話している。

救急医療情報キット
救急医療情報キット

港南区・栄区版のトップニュース最新6

上大岡をハロウィンで1つに

上大岡をハロウィンで1つに 経済

10月27日に一大イベント

10月17日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月17日号

飯島小に文科大臣奨励賞

飯島小に文科大臣奨励賞 教育

地域一丸の自然教育を評価

10月10日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額な整備費

10月10日号

地域への奉仕続け50年

横浜港南RC

地域への奉仕続け50年 社会

11月に区と共催事業も

10月3日号

「ゆるスポーツ」普及へ

市体協

「ゆるスポーツ」普及へ 教育

豊田小で体験教室

10月3日号

友好都市をパネルで紹介

友好都市をパネルで紹介 社会

栄区内の公共施設を巡回

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク